*

「金持ち父さん貧乏父さん」の感想と疑問点について

公開日: : 最終更新日:2016/01/15 その他



金持ち父さん貧乏父さん」(ロバート・キヨサキ著)、普段は本を読まない方でも、一度は耳にしたことのあるタイトルではないでしょうか。

ベストセラーであり、ロングセラーでもあります。日本語に翻訳されて出版されたのが、2000年

その後、改訂版2013年に出てなお売れ続けているすごい本です。

ベストセラーの本でも、一時期だけ売り上げを伸ばし、その後は消えていくという本がほとんどの中、この本は珍しく売れ続けている本です。

「金持ち父さん貧乏父さん」の感想と疑問点

中途半端な内容であれば、一時的に本が売れても、長続きするということはありません。

長く売れ続けるということは、何かしら訴えかけるものがあったり、時代を超える普遍的な内容が書かれている可能性が高いと考えられます。

管理人も数年前に読み、少なからず刺激を受けました。

そんな「金持ち父さん貧乏父さん」を改めて読み直してみた感想と、巷で語られる疑問点などについて述べていきたいと思います。

Sponsored Links

「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズとは

実は「金持ち父さん貧乏父さん」という本は、これに派生した個別のテーマ(MLM、不動産、投資など)が設定された本が何冊か出版され、シリーズ化されています。

もちろん、基本となる考え方は、「金持ち父さん貧乏父さん」で語られていますので、まずはこの本をきちんと理解することから始まります。

ただ、もう一つ重要な概念として、「キャッシュフロー・クワドラント」という概念があり、シリーズ第2弾の書籍として「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」という本が出版されています。

この本についての記事は以下をご覧ください。

「金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント」の感想と疑問点について

また、バックエンド的商品として、「キャッシュフロー」というボードゲームや、オーディオ教材などの商品もありましたが、現在公式サイトでの販売はされていないようです。

内容を簡単にふり返ると・・・

では、「金持ち父さん貧乏父さん」の内容を簡単に振り返ります。

著者には二人の父親がいて、一人は高学歴ですが一生あくせく働いても貧乏なまま、もう一人はそれほど学はありませんが、ビジネスや投資をうまくやってお金に困らない生活を送ります。

この違いはどこにあるのか、子供のころの著者は疑問に思い、お金持ちの父さんのほうからお金に関することや、お金持ちになる方法を学んでいくことにしました。

そのお金持ちの父さんの教えのポイントをまとめると、以下のようになります。

  1. お金のために働くのではなく、お金を生み出すことに頭を使うこと
  2. お金の流れと資産とは何かについて知ること
  3. 資産となる自分のビジネスを持つこと
  4. 自分の会社を作って節税すること
  5. ファイナンシャルインテリジェンスを高め、お金をつくり出すこと
  6. お金の流れを学ぶために働くこと

 

そして、これらを実践するための心構えなどについて書かれてあります。

(画像クリックでアマゾンのページへ飛びます。)

「金持ち父さん貧乏父さん」の感想

管理人がこの本を読んだのは社会人になってからですが、このように考えに触れたことはなかったので、目からウロコで、とても新鮮に感じました。

学生のころに読んでおけばよかったと少し後悔したくらいです。

お金持ちになるためには、お金のために働いてはいけない、お金を自分のために働かせる、そんなことはできるのかとはじめは思いましたが、読み進んでいくうちに、そのようにしているお金持ちは確かに存在するなと思いました。

しかし、感心すると同時に、頭を使わずに言われたことだけをこなして仕事をするだけではお金持ちにはなれないという難しさを感じました。

この本では、雇われることでもらえる給料から、請求書の支払いなどをくり返すことを「ラットレース」と表現されています。

まさにそのような状態にある人はたくさんいて、当たっているとは思います。

しかし、ややもすると、雇われて地道に働くサラリーマンを一段低く見ている、との誤解も生みやすいのではないかと思ったことも事実です。

Sponsored Links

「金持ち父さん貧乏父さん」の疑問点

「金持ち父さん貧乏父さん」という本についてのネット上のレビューは、肯定的なものが多いものが一方で、否定的意見も一定数あるというのも事実です。

そこで、否定的意見と思われる代表的なものをピックアップしてみました。

まじめに働く人のことをどう思っているの?

先ほども触れたように、この本は「ラットレース」から脱出することを勧めていることから、場合によってはまじめに働いている人を小バカにしているのではとの印象を受ける方もおられるようです。

しかし、良い悪いは別として、家賃や利子を払うために働き、給料の大部分はその支払いのために消えていくという人がいる一方で、家賃や利子を不労所得として得ている人がいるという状況は事実として正しいのではないでしょうか。

確かに、世の中は雇用されてまじめに働く人がいなければ成り立ちません。

しかし、資本主義の世の中は、そのような仕組みで動いているということは事実で、資本主義を前提とする社会でお金を稼ぎたいというのであれば、その仕組みを理解して、お金が入ってくるカラクリを説明することは何ら問題ではないと思います。

「金持ち父さん貧乏父さん」の感想と疑問点1

全員がそのような考えになれば社会はどうなるの?

次に、この本で書かれているように資産を持って、お金を自分のために働かせるという考えを、社会の構成員全員がもってしまったらどうなるのかという疑問です。

確かに、雇用されて働く人というのは「他人のために働く人」です。

「他人のために働く人」をやめましょうということですから、そうなると雇用されて働く人がいなくなり、社会が成り立たなくなるのではないかという懸念がなされてもおかしくはありません。

しかし、このような疑問に対しては、一応以下のような回答ができるのではないかと考えています。

「この内容をどれだけ声高に叫んでも、サラリーマンのほとんどが起業家や投資家になったりするということはない。世の中はそんなものだから大丈夫。」

現在は状況が変化しているのでは?

また、この本が書かれた当時のアメリカと、現在の日本の状況では、時代も国も違うので当てはまらないのではないかという疑問です。

確かに、「金持ち父さん貧乏父さん」が日本で出版されたのが2000年、原書である「Rich Dad,Poor Dad」が出版されたのは1997年であり、15年以上経過しています。

しかも日本とアメリカという国も違うとなれば、日本で生活する人々にとってはあまり参考にできないのではないかと思われる人が出てきてもおかしくはありません。

「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズの不動産投資やMLMなどについての細かな点については、確かに時代に合わない点が出てきているかもしれません。

しかし、法人化して節税できることや、ビジネスオーナーになったり、収益不動産を取得して不労所得を得ることができるという基本的な考え方は、今なお通用する考え方といえるのではないでしょうか。

このような資本主義にとっていわば普遍的な考え方が書かれているからこそ、今なお売れ続けているのだと思います。

さいごに

以上、「金持ち父さん貧乏父さん」についての感想や疑問点などについて述べてきました。

多くの人が興味を示し、読まれ続けている本だけあって、一部で批判はあるものの、非常に興味深い内容を含んでいると思います。

少なくとも、知っておいて損はない内容だと思いますので、読まれたことのない方は一読されてみてはいかがでしょうか。

<関連記事>

「金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント」の感想と疑問点について

 

 

Sponsored Links

関連記事

「金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント」の感想と疑問点について

「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズの第2弾として「金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント」(ロバ

記事を読む

Windows update後回しでWindows10にアップグレード

Windows7や8からWindows10へのアップグレードする際には、あらかじめWindows U

記事を読む

パソコン処分

ノートパソコンの処分・廃棄方法!データ流出を完全に防ぐ方法

使わなくなったノートパソコンはどのように処分していますか? 特にWindowsパソコンでは、動

記事を読む

国会見学(衆議院と参議院)に行ってみた感想と見所を紹介!

社会見学の一つとしては、一度は行っておきたい国会。 テレビのニュースではよく見る建物ですが、周

記事を読む

ゆうパックのコンビニ受け取りサービス!郵便局窓口でもOKに

日本郵便が2016年4月1日から「インターネット通販購入商品の郵便局窓口受取サービス」というものを開

記事を読む

プラトン『国家』の要約!洞窟の比喩は現代でも新鮮

古代哲学の古典的名著の一つがプラトンの『国家』です。 哲学というと難しくて取っつきにくいイメー

記事を読む

トランス脂肪酸を含む食品の危険性!日本で規制されない理由

トランス脂肪酸というと、あまりよくない印象がありますが、どんな食品に多く含まれているのでしょうか?

記事を読む

大阪市立大学学術情報総合センターは市民も利用できる大きな図書館

一般市民が利用できる図書館というと、都道府県や市町村などの地方自治体が運営している公共の図書館を思い

記事を読む

2045年問題とは?技術的特異点以降のシナリオ

米国の大手IT企業などが人工知能の研究を進めるために、優秀な人材を雇い入れたり、できて間もないベンチ

記事を読む

SDカードが認識しない場合

パソコンがSDカードを認識しない場合の対処法

久しぶりにパソコン(ノートパソコン)にSDカードを挿入してみても全く反応しないということがあります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仮想通貨法の内容をわかりやすく説明します

最近話題になることが多くなった仮想通貨ですが、日本の法律はこれまで仮想

煽られない方法!後続車をイライラさせない運転とは

本来、交通法規に反しない運転している限り誰からも煽られる筋合いはないは

煽られた時の対処法!煽り運転の心理とは

車やバイクを運転していてイヤな思いをすることの一つが煽られることです。

NHK受信料ワンセグ携帯で支払い義務?裁判はどうなるのか

家にテレビがなくてもワンセグ機能が付いた携帯電話やスマートフォンを持っ

つや消しクリヤ2
マットブラック(つや消し黒)に缶スプレーで自家塗装する方法

塗装といえば、ツヤがあってピカピカに仕上げるというのが一つの方法ですが

→もっと見る

  • 法律の専門職学位(法務博士 J.D.)をもつ管理人が、新しい法律や法律の改正情報、その他気になる話題やDIY情報などの記事を書いています。
PAGE TOP ↑