*

配偶者の扶養義務とは?問題点をわかりやすく解説!

公開日: : 法律



配偶者の扶養義務とは一体何でしょうか?

配偶者というのは、夫からみて妻、妻からみて夫のことですね。

その配偶者を扶養する義務について、どのような点が気になってこの記事をお読みいただいているでしょうか。

配偶者の扶養義務という場合、大きく以下の二つにわけることができます。

 

  1. 配偶者が収入に乏しい場合に養わなければならないという民法上の扶養義務
  2. 会社などで社会保険に加入する際に配偶者を扶養家族として届け出る場合や履歴書に「配偶者の扶養義務」という欄がある場合などの社会保険上の扶養義務(扶養家族)

 

これらは似てはいますが、基本的に別々の制度ですので、一つずつわけて説明していくことにします。

ちなみに、履歴書を記入している際に「配偶者の扶養義務」という欄が出てきて意味がわからないという方は、後者のほうを参考にしてください。

Sponsored Links

1.民法上の扶養義務

民法には、「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」と定められています。

とすれば、結婚して夫婦になればみんな配偶者を扶養する義務があるかと思ってしまいますが、実はそうでもないんです。

一定の条件を満たす場合に扶養義務が発生するのですが、その前にまず扶養義務とは何をすることなのかについてみていきましょう。

扶養義務ってなにをすればいいの?

一言で扶養義務といっても具体的に何をすればいいのかわかりにくいですよね。

配偶者の扶養義務は、生活保持義務(せいかつほじぎむ)と理解されていて、自分と同じ生活程度を保障すべき義務です。

要するに、配偶者が自分の生活水準と同じくらいの生活ができるように保障しなければならないということです。生活に必要な衣食住など費用を負担するということですね。

どんな場合に扶養義務があるの?

次の条件を満たす場合には、配偶者の扶養義務があります。

逆に言うと、以下の条件を満たさない場合には扶養義務はないということになります。

ですから、履歴書などに配偶者の扶養義務について、その有無を記入する場合には結婚している人全員が「有」というわけではないということになりますね。

  • ①配偶者が扶養が必要な状態であること
  • ②自分に扶養する能力があること

これらを二つとも満たさないと、扶養義務はありません。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

①配偶者が扶養が必要な状態であること

配偶者が「扶養が必要な状態」であるかどうかをどのように判断するのかということですが、一般的な感覚でいえば、配偶者が専業主婦(主夫)で収入がない場合が思い浮かぶと思います。

もちろんそれは正解ですが、配偶者に収入があったとしても標準家計費(総務省統計局の家計調査や地方公共団体の家計調査)などを目安にして、とても分担できるような収入が配偶者にない場合には「扶養が必要な状態」であるということになります。

②自分に扶養する能力があること

配偶者が扶養が必要な状態であっても、自分に扶養するだけの収入がなければどうしようもありません。ですから、自分に扶養するだけの収入があることが必要になります。

目安としては、先ほどの標準家計費、あるいは少なくとも最低生活保護基準程度の生活費を上回る収入があることが条件になります。

以上、二つの条件を満たしてはじめて、配偶者の扶養義務があるということになります。

Sponsored Links

2.社会保険上の扶養義務(扶養家族)

社会保険に加入する場合や履歴書に配偶者の扶養義務があるかどうかを書く場合は、これまで説明してきたような民法上の扶養義務ではなく、社会保険に加入する際に配偶者が扶養家族になるかどうかということが問題になっていると思われます。

配偶者の社会保険に差が出る

この場合、社会保険上の扶養家族と認められるかどうかで年金と保険に影響が出てきます。

厚生年金、共済組合に加入している人が配偶者を扶養家族にするには、その配偶者が

  • ①年収が130万円未満でかつ、
  • ②被保険者の年間収入の2分の1未満

であることが必要です。

この条件を満たしている場合は、会社などで社会保険に加入している場合は配偶者を扶養家族とすることができ、保険料などの点でメリットがあります。

ですから、履歴書で配偶者の扶養義務を記入する場合は、以上の点を満たしている場合は「有」満たしていない場合は「無」という記載でよいと考えられます。

配偶者の扶養義務

履歴書などは…

例えば、すでに扶養家族になっている専業主婦(主夫)の方がパートやアルバイトの面接のために提出する履歴書には、配偶者は「有」でも、上の条件の少なくとも②は満たさないので、配偶者の扶養義務は「無」しということになります。

逆に、家計を支えている夫が転職活動をする際に提出する履歴書には両方とも「有」ということになる場合が多いでしょう。

さいごに

以上、配偶者の扶養義務について説明してきました。

配偶者の扶養義務といっても民法上のものと社会保険上のものとがあるためにわかりにくくなっているところがあります。

どちらの問題であるかを意識すればわかりやすくなると思いますよ。

Sponsored Links

関連記事

自転車のスマホで片手運転はNG!違反にならない使い方は?

自転車の違反行為に対する取締りが厳しくなったと感じておられる方は多いと思います。 違反行為で比

記事を読む

TPPで著作権侵害が非親告罪化!?その影響について

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)が締結されれば、日本における著作権侵害(著作権法違反の行為)が非

記事を読む

書類送検の意味は?逮捕起訴との関係をわかりやすく解説

よくニュースなどで「タレントの○○が書類送検されました」って報道されますよね。 その書類送検っ

記事を読む

削除依頼の方法!掲示板・ブログ・SNSの書き込みコメントについて

今や誰もが気軽にネット上に情報発信ができる時代です。 ブログ、SNS、掲示板などといったサービ

記事を読む

警察と検察の違いをわかりやすく説明します

「警察(けいさつ)」と「検察(けんさつ)」ってなにが違うのかわかりづらい点がありますよね。 警

記事を読む

自転車でイヤホンは片耳ならOK?違反になるのはどんな時?

自転車運転者講習制度が新しくスタートしてから、自転車に対する取締りが各地で行われ、自転車に乗っていて

記事を読む

車の改造・ドレスアップ!許される範囲は?【内装パーツ編】

車の改造やドレスアップというと、ボディ関係やエンジン、足回りなどを思い浮かべがちですが、車内もいろい

記事を読む

おとり捜査が許される場合とは?違法になる境目について

おとり捜査(囮捜査)と聞くと、どんなイメージがあるでしょうか? おとり捜査を題材にした「おとり

記事を読む

随意契約とは?締結できる場合(地方自治体編)

地方自治体(地方公共団体)が民間の事業者と契約を結ぶ場合、競争入札によることが原則になっています。

記事を読む

戸籍変更の手続きが必要なのはどんな時?一覧で紹介

戸籍(こせき)については、普段日常生活を送っているときにはあまり意識しませんが、結婚や離婚などで親族

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

NHK受信料ワンセグ携帯で支払い義務?裁判はどうなるのか

家にテレビがなくてもワンセグ機能が付いた携帯電話やスマートフォンを持っ

つや消しクリヤ2
マットブラック(つや消し黒)に缶スプレーで自家塗装する方法

塗装といえば、ツヤがあってピカピカに仕上げるというのが一つの方法ですが

SDカードが認識しない場合
パソコンがSDカードを認識しない場合の対処法

久しぶりにパソコン(ノートパソコン)にSDカードを挿入してみても全く反

CF-S10 天板交換
CF-S10(レッツノート)の天板と液晶パネルの交換に挑戦

パナソニック製のノートパソコンLet's Note CF-S10 の天

Windows update後回しでWindows10にアップグレード

Windows7や8からWindows10へのアップグレードする際には

→もっと見る

PAGE TOP ↑