*

原付が二段階右折しなければいけない場所とその方法について

公開日: : 最終更新日:2015/07/29 法律, 自動車・バイク関連



原付といえば、最高速度30km制限二段階右折というのは、免許を取得した人は知っていますよね。

昔の話ですが、管理人も16歳の時に原付免許を取得しました。

原付免許を取る前は、それなりに勉強したのだと思いますが、取得して日にちがたってくると、学んだ知識もあやふやになってきたりもします。

特に二段階右折については、どんな場合にしなければいけないのか、きちんと覚えていますか?

原付の右折であれば、いつでもどこでも二段階右折しなければいけないというわけではなく、二段階右折しなければいけない道路(場所)の条件があります。

あやふやになりがちな点ですので、整理してみたいと思います。

Sponsored Links

二段階右折しなければいけない場合

まず念のためということで、ここで原付というのは排気量が50cc以下第1種原動機付自転車のことだということを確認しておきます。

原付が二段階右折しなければいけないのは、交通整理が行われている交差点で以下の条件を満たす場合です(道路交通法34条5項)。

交通整理が行われている交差点というのは、信号機(点滅信号は除く)があるか、警察官や交通巡視員による手信号が行われている交差点という意味です。

そのような交差点で、

  • 二段階右折の標識がある道路
  • 片側3車線以上の道路
  • 一方通行で3車線以上の道路

 

のいずれかの場合は、二段階右折する必要があります。

以上のような場合でも、以下のような二段階右折禁止の標識がある場合は二段階右折はしてはいけません。

原付が二段階右折しなければいけない道路2

これらを前提に、一つずつ見ていきます。

二段階右折の標識がある道路

原付は二段階右折をしなければいけないことを意味する標識がある場合です。

以下のような標識ですね。

原付が二段階右折しなければいけない道路

このような標識がある場合は、道路の幅や車線の数などに関係なく、二段階右折しなければいけません。

片側3車線以上の道路

こちらは、正確にいうと自分が走っている方向の車線が3車線以上ある場合です。

原付が二段階右折しなければいけない道路4

対向車線は何車線でも関係ありません。

ちなみに、3車線というのは、路線が3車線というだけでなく、交差点の付近で右折や左折専用の車線が枝分かれしていて、交差点付近で車線が増えていることがありますが、その増えた車線も含めて3車線以上あれば二段階右折する必要があります。

原付が二段階右折しなければいけない道路3

つまり、交差点以前で3車線なくても、交差点付近で右折や左折専用の車線が増えて3車線以上になっている場合は二段階右折しなければならないことになります。

Sponsored Links

一方通行で3車線以上の道路

こちらは一方通行の道路で3車線以上ある場合です。

原付が二段階右折しなければいけない道路1

上で説明した片側3車線以上の道路の場合と同じく、路線が3車線というだけでなく、交差点の付近で右折や左折専用の車線が枝分かれしていて3車線以上になっている場合も含みます。

それ以外では二段階右折はしなくてよい

上のような場合以外の、信号も手信号もない交差点や、1車線の道路は二段階右折する必要はないということですね。

いくら車線が多くても、信号などの交通整理がない場合は二段階右折する必要はないということです。そのような場合に二段階右折するのは逆に危険だからということでしょうね。

通常の右折は、交差点の約30m手前くらいから道路の中央に寄って、交差点の中心の直近を内側を徐行して曲がります(道路交通法34条2項)。

要するに、自動車や自動二輪車などと同じ方法で右折するということですね。

二段階右折の方法

では、二段階右折はどのように行うのが正しいかというと、法律上は以下のようになっています(道路交通法34条5項本文後段)

あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。

あらかじめその前から」というのは、交差点の約30m手前と考えられています。

わかりやすく言い換えると、

  • 右折しようとする交差点の約30m手前から(右ウインカーを出しながら)
  • できるだけ道路の左端に寄って
  • 交差する道路を横断した地点で方向を右向きに変え
  • 対面の信号が青に変われば、交差点の端のほうを徐行(すぐに止まれる速度)して進む

ということです。

左へ寄りながら、交差する道路を右ウインカーを出しながら横断し、右向きに向きを変えて止まるというのがポイントですね。

さいごに

以上、二段階右折をしなければいけない場合について説明してきました。

原付が二段階右折をしなければいけないのは、最高速度が時速30kmなので、3車線以上の道路では後ろから来る車などとのスピードのギャップが大きく、右車線に車線変更するのは危険が多いからだと考えられています。

そのような理由があるんだと頭の片隅に入れて、安全に二段階右折をしていきたいものですね。

Sponsored Links

関連記事

自転車保険義務化

自転車保険が義務化された地域とその内容について

日常生活における「足」として多くの人が利用している自転車。 大人から子どもまで気軽に乗ることが

記事を読む

日本版の司法取引はこうなる!刑事訴訟法改正により導入の見込み

司法取引(しほうとりひき)というと、アメリカ映画などで捜査官の取調べで、犯人が供述するかわりに罪を軽

記事を読む

家電リサイクル法の対象品目

家電リサイクル法とは?対象品目の処分の仕方・リサイクル券などについて

一昔前、不要になった家電製品は、粗大ごみの日に出しておけば自治体が何でも持って行ってくれるという時代

記事を読む

敷金は返金されて当然?礼金は?民法改正で変わること

進学や就職、転職などを機に、今住んでいるアパート・マンションから引っ越す際に気になることの一つが敷金

記事を読む

自転車講習が義務化!14の危険行為と処分の流れを解説

自転車に乗っていて、警察官に注意されたことはありますか? 自転車って気軽に乗れる乗り物だと思っ

記事を読む

テレビの処分方法!無料で廃棄!?お金をかけない方法も紹介

不要になったテレビ、どのようにして処分をしようか悩みますよね。 家電リサイクル法によってテレビ

記事を読む

ドローン規制法第2弾!航空法改正による規制の内容とは?

ドローン(無人航空機)については、これまで規制がなかったこともあり、ドローン少年の問題や首相官邸への

記事を読む

ヘイトスピーチ規制条例とは?大阪市の対策について

ヘイトスピーチへの対処などを内容とする、大阪市の条例案(「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例案

記事を読む

自転車の赤切符は前科がつく?警告カードとの違いは?

2015年6月1日より3年以内に2回以上、「14の危険行為」を行って検挙されるか、事故を起こした場合

記事を読む

マイナンバー反対派は拒否できる?想定される不都合な点

マイナンバー制度によって、国民一人ひとりに12桁の番号が割り当てられます。 しかし、中には番号

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

NHK受信料ワンセグ携帯で支払い義務?裁判はどうなるのか

家にテレビがなくてもワンセグ機能が付いた携帯電話やスマートフォンを持っ

つや消しクリヤ2
マットブラック(つや消し黒)に缶スプレーで自家塗装する方法

塗装といえば、ツヤがあってピカピカに仕上げるというのが一つの方法ですが

SDカードが認識しない場合
パソコンがSDカードを認識しない場合の対処法

久しぶりにパソコン(ノートパソコン)にSDカードを挿入してみても全く反

CF-S10 天板交換
CF-S10(レッツノート)の天板と液晶パネルの交換に挑戦

パナソニック製のノートパソコンLet's Note CF-S10 の天

Windows update後回しでWindows10にアップグレード

Windows7や8からWindows10へのアップグレードする際には

→もっと見る

PAGE TOP ↑