法律 自動車・バイク関連

駐車違反・路上駐車に困ったときの適切な通報の仕方

投稿日:2015年7月29日 更新日:



路上駐車している車がいて困っている、駐車違反の車が危険だから取り締まってほしい、といった場合にはどこへ連絡するのが適切なのでしょうか?

駐車禁止の場所に止められている車は、歩行者やその他の車両の通行の邪魔になったりしますし、死角ができることで事故を誘うこともあって危険な存在です。

そもそも、駐車車両があるために自分の車が道路を通ることができないという切実な場合もあるでしょう。

そのように困ったことになっている場合、いざというとき、どこへどのように連絡すればいいのかよくわからないということもあるかもしれません。

そんな時のために、適切な連絡方法などについて説明します。

 

Sponsored Links

駐車違反とは

まず、通報する場合には、駐車違反であるかどうか確認したほうがよいでしょう。

駐車とは

車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により継続的に停止すること(貨物の積卸しのための停止で五分を超えない時間内のもの及び人の乗降のための停止を除く。)

出典:道路交通法2条18号前段

または

車両等が停止し、かつ、当該車両等の運転をする者(以下「運転者」という。)がその車両等を離れて直ちに運転することができない状態にあること

出典:道路交通法2条18号後段

をいいます。

後者はいわゆる放置駐車というやつですね。

そしてこれらの駐車が違反になるのは、駐車禁止の標識がある場所に駐車している場合や、法律で禁止されている所に駐車しているような場合です。

詳しくは、駐停車禁止場所,駐車できない場所と駐車方法を参考にしてください。

駐車違反・路上駐車に困ったときの適切な通報の仕方

どんな場合に通報すべきか

ではどんな場合であれば通報すべきなのでしょうか。

例えば、自宅の車庫から車を出そうとしたら、路上駐車している車がいて出すことができないという場合、この場合は明らかに困ったことになっているわけですから、持ち主がどこにいるのかわからないといったような場合は通報して責められることはないでしょう。

直接自分が困っているわけではないという場合はどうでしょうか。

例えば、普段は止まっていないところに見知らぬ車が駐車しているとか、いつも路上駐車をして道路を駐車場代わりにしているような車があるといったような場合。

こういった場合、道路の見通しが悪くなったり、歩行者の邪魔になったりしていて危険という場合も多いと思います。

このような場合はもちろん、そうでない場合であって違反車両を見つけた場合は通報してもかまいません。

ただ、通報する場合は、駐車違反の車がなければ通報された警察官の方も対処のしようがありませんので、今現に駐車違反の車があるという場合でないとあまり意味がありません。

通報する場合は、場所と、いつからどんな車がどんな状況で止まっているかなど現場の状況を伝えるとよいでしょう。

 

Sponsored Links

どこへ通報すべきか

では、駐車違反を通報する場合、どこへ通報するのが適切なのかについてです。

通報先は以下の3つです。

  • 交番・駐在所
  • 警察署
  • 110番(緊急の場合のみ)

 

順番にみていきましょう。

交番・駐在所

まずは、最寄の交番(こうばん)駐在所(ちゅうざいしょ)へ直接出向くか、電話をして知らせるという方法があります。

もっとも、駐在所は警察官が常駐されているのに対し、交番は巡回に出ているなどで「空き交番」になっている場合があります。

ですから、警察官が常駐している駐在所のほうがより確実かもしれませんね。

警察署

次は警察署(けいさつしょ)へ連絡するという方法です。

警察署は、市区町村などの地域を管轄する警察組織で「○○警察署」という名称のところですね。

地域を管轄している警察署ですから、電話をすればほぼつながります。

状況を説明すればしかるべき対応がとられます。

110番(緊急の場合のみ)

こちらはあくまで緊急性の高い場合のみです。

例えば、駐車違反の車があることで、非常に危険な状態になっているなど、一刻を争うような場合のみに利用すべきでしょう。

110番は他に対応すべき緊急性の高い事件や事故がある場合もありえますので、気軽にかけるべきではありません。

駐車監視員はどうなの?

放置車両の確認事務が民間に委託されるようになり、駐車監視員さんが確認業務を行うという光景が当たり前になりました。

ですから、駐車監視員さんに通報なり連絡なりして取り締まってもらえるのではないかと思ってしまいますよね。

しかし、駐車監視員さんの業務はあくまで「放置車両の確認」という確認業務ですので、違反切符を切ったりすることはできません。

ですから、厳密な意味での取り締まりをすることはできないことになっています。

その確認業務だけしてもらえればいいという考えもあるかもしれませんが、仮に、たまたま傍を通りかかった駐車監視員さんがおられて声をかけても、予め与えられている権限外のことをすることはできません。

ただ、駐車監視員さんは携帯電話を所持されているので、その電話から警察に連絡を取って指示を仰ぐといった対応が可能なこともあるようです。

駐車違反・路上駐車に困ったときの適切な通報の仕方1

匿名か実名か

ということで、通報は、基本的に警察へすることが妥当ですが、その場合、通報者の身元を明かす必要があるのか気になる方もおられるかもしれません。

当然ながら、通報者の身元を明かしたほうが通報の信頼度は増すと思われますが、匿名であっても通報は可能なようです。

また、仮に身元を明かして通報した場合でも、違反者に対して、誰が通報したのかという情報が漏れるということは基本的にはありません。

ですから、通報者が通報するときに自分の名前を言ったとしても、それが駐車違反をしている運転者に知られることはないと考えてよいでしょう。

さいごに

以上、駐車違反の通報についてでした。

できるなら通報しなくてもよいような世の中になってほしいものですが、やむをえない場合もあるかもしれません。

困った時には警察の方も動いて下さると思いますので、参考にしてみてくださいね。

 

Sponsored Links

-法律, 自動車・バイク関連

執筆者:


  1. 久美 より:

    毎回家の玄関門に駐車され!

    会ってもいつもすみませんの
    言葉もなし(怒)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

下請法の内容を簡単にわかりやすく説明します

下請法については、業務を下請け業者さんに依頼する業者(親事業者)さんばかりでなく、依頼される側の下請け業者(下請事業者)さんも気になる法律ではないでしょうか。 下請法は少し複雑なところもありますが、こ …

ごみ屋敷条例の内容とは?行政代執行までの流れなどについて

度々ニュースなどで取り上げられることのあるごみ屋敷問題。 自宅をどのようにしようと基本的には住人の自由ですが、様々な形で周囲に迷惑がかかっていたり、家屋の倒壊や火災の恐れがあるなどで周囲が危険にさらさ …

随意契約とは?締結できる場合(地方自治体編)

地方自治体(地方公共団体)が民間の事業者と契約を結ぶ場合、競争入札によることが原則になっています。 その理由は、競争入札であれば発注者側の恣意的な判断の余地を少なくすることでき、透明性、客観性、競争性 …

マルチ商法・MLM・ねずみ講の違いと注意すべき点

マルチ商法と聞くと、あまりよいイメージをお持ちでない方が多いかもしれません。 悪徳商法など消費者問題として取り上げられることが多い、マルチ商法ですが、ほぼ同じような意味でMLMやネットワークビジネスと …

少年法の適用年齢は?手続きとともに解説!

少年法(しょうねんほう)やその他関連する法律が、どの年齢の少年に適用されるかは、色々と分かれていて複雑そうなイメージがありますよね。 確かに事件の手続きや刑罰、送られる施設などを含めると、年齢によって …

法律の専門職学位(法務博士 J.D.)をもつ管理人が、新しい法律や興味のある法令、その他気になる話題やDIY情報などの記事を書いています。