法律 自動車・バイク関連

バイクのすり抜けは違反?法律的に大丈夫な場合とは

投稿日:2016年2月2日 更新日:



車の間をスイスイとすり抜けていくバイク。

そんな光景を見たことがある方はほとんどだと思います。

車が渋滞しているときや、流れがノロノロ状態のときなどの「バイクのすり抜け」走行って、違反にならないの?って疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

実はバイクがすり抜けすることについてのはっきりとした規定というものはありません。

規定がないのであれば、無条件にすり抜けをしていいのかというと、そう単純な話でもないようです。

バイクがすり抜けをする際に問題となってくると思われる条文はいくつかあります。

この記事では、そのあたりを中心にして、どういった場合のすり抜けがいいのか悪いのかなどについて説明していきたいと思います。

 

Sponsored Links

バイクのすり抜けとは

一概にバイクの「すり抜け」といっても、いくつかのパターンがあります。

まずこれらについて整理してみます。

バイクのすり抜けには、主に以下のようなものがあると考えられます。

  1. 赤信号や渋滞などで停止中の車列をすり抜ける
  2. ノロノロ運転中の車列をすり抜ける
  3. 普通に流れている車列をすり抜ける

 

これらが「すり抜け」の典型的な例ではないでしょうか。

1.2.は車が停止しているかどうか、2.3.は車が走っているスピードで区別します。

すり抜けについての法律はない!?

冒頭でも書きましたが、「すり抜け」そのものについて規定している法律はありません。

道路によっては「二段停止線」というものを設けているところがあり、これはすり抜けすることを前提としているかのようにも思えます。

バイクのすり抜けは違反?2

禁止する法律がないならすり抜けOKなのかというと、当然ながらそうではありません。

すり抜けをする際に問題になってくる法律は存在します。

ただ結論的に言うと、たとえ取り締まりにはあわなくても、はっきりしない部分が残っています。

すり抜け時に注意すべき点

では、どんな内容の規定がすり抜けに関係するかというと、

  • 車両通行帯(車線)
  • 追い越し
  • 割り込み
  • 指定通行区分違反 黄色線を越えての車線変更
  • 方向指示器 合図不履行(ウインカー)
  • 停止線オーバー 信号無視
  • 路肩と路側帯

 

のような規定です。

結構たくさんありますね。

一つずつ見ていくことにしましょう。

車両通行帯(車線)

車やバイクなどの車両は一番左の車線(3車線以上の道路では一番右以外の車線)を走らなければならないのが原則となっています(道路交通法20条1項)。

一番右の車線は追い越しや右折、その他法律の決まりがある場合以外は原則として走行できませんので、そういった場合以外のすり抜け行為はできません。

追越し

すり抜けといえば、追い越し行為と同じではないかと思われる方も多いかもしれません。

確かに、追い越しにあたる場合もありますが、そうでない場合もあります。

法律では以下のように規定されています。

二十一  追越し 車両が他の車両等に追い付いた場合において、その進路を変えてその追い付いた車両等の側方を通過し、かつ、当該車両等の前方に出ることをいう。

出典:道路交通法2条1項21号

つまり、追越しは前の車に「追い付いた場合」に、「進路を変えて」その車の「側方を通過」して「前方に出ること」ですね。

前の車に追いついていない場合に進路変更して前に出る場合は、「追越し」ではなく「追抜き」になります。

ちなみに「追越し」は、それぞれの車両等が走行していることを前提としていますので、前の車が渋滞などで停止中の場合は含まれません。

とすれば、先ほどのすり抜けのパターン1.赤信号や渋滞などで停止中の車列をすり抜ける」は追越しに当たらないことになります。

パターン2.ノロノロ運転中の車列をすり抜ける」と3.普通に流れている車列をすり抜ける」は、それぞれの車は動いていますので追越し行為の問題になります。

追越しの場合の注意点

追越しの方法については法律(道路交通法28条1~2項)で定められています。

  • 追越す車の右側を通行すること
  • 右折待ちの車を追越す場合はその車の左側を通行すること

 

その他、車間距離を保つことや、進路変更禁止場所、追越し禁止場所(曲がり角付近、坂の頂上付近、トンネル、交差点・踏切・横断歩道の直前30m以内)での追い越し禁止などといったことにも注意する必要があります。

Sponsored Links

割り込み

道路交通法32条は割り込みを禁止しています。

しかし、一般的なイメージとは異なり、ここでいう「割り込み」は、

法律や警察官の命令によって停止(又は停止しようと)している車の前に割り込んだり、前を横切ったりすること

です。

ということは、信号で停止している車の前を横切ったり、割り込むことはできないということですね。

横に並ぶということなら大丈夫ということではあるのでしょう。

信号無視

すり抜けで信号無視?と思われるかもしれませんが、赤信号で止まっている車列をすり抜けて前方に出ようとして停止線を超えてしまうと、厳密には信号無視になってしまいます。

すり抜けをして車列の前の車が停止線直前にいるような場合は注意が必要ですね。

路肩と路側帯

バイクがすり抜けをする際には、道路の左端を走ることが多いと思います。

そこは走行していいのでしょうか。

これは路肩であるか、路側帯であるかによって違いがあります。

路肩は、

道路の主要構造部を保護し、又は車道の効用を保つために、車道、歩道、自転車道又は自転車歩行者道に接続して設けられる帯状の道路の部分をいう。

出典:道路構造令2条12号、車両制限令2条7号

と規定されています。

バイクのすり抜けは違反?1

路肩は区画線によってペイントされていない道路で、端から0.50mの部分のことをいいます。

この部分は自動車は走ることはできませんが、バイクについては規制がありません

路側帯は、

歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によつて区画されたものをいう。

出典:道路交通法2条1項3号の4

と規定されています。

路側帯は、道路の端が区画線で分けられている部分です。こちらは歩道と同様、車もバイクも走ることはできません

どんなすり抜けなら大丈夫?

以上、バイクがすり抜けをする際に問題になりそうな点をまとめました。

細かく見ていくと、とてつもなく複雑で膨大な文字数が必要になるため、あくまでざっくりとした説明にとどめました。

結局、どういったすり抜けなら大丈夫なのかというと、すり抜けについての明確な規定がない以上、上で説明したような法令に抵触しない走り方なら大丈夫という言い方をするしかないと考えています。

イマイチはっきりしないとの印象をお持ちの方もおられるかもしれませんが、法律に規定がないため仕方がないと思います。

いずれにしろ、交通ルールを守って安全第一で運転するのが一番です。

 

Sponsored Links

-法律, 自動車・バイク関連

執筆者:


  1. 稲津 より:

    路側帯の説明に使用されている画像ですが、左手側に歩道の存在が確認できますので「路側帯」ではなく「車道外側線」であると推察されます。
    車道外側線はあくまで安全な走行のための目安となる区画線ですので自動車も二輪車も走行が可能です。

    「法律」というカテゴリーで法令などを具体的に引用されているのであれば、読者に対し誤解のないようより正確な情報を掲載していただきますようよろしくお願いいたします。

    • trendersnet より:

      ご指摘いただき、誠にありがとうございました。

      該当部分の画像につきましては差し替えさせていただきました。

      見直しの機会を与えていただき、感謝申し上げます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

原付が二段階右折しなければいけない場所とその方法について

原付といえば、最高速度30km制限と二段階右折というのは、免許を取得した人は知っていますよね。 昔の話ですが、管理人も16歳の時に原付免許を取得しました。 原付免許を取る前は、それなりに勉強したのだと …

再婚禁止期間とは?100日になるのはいつから?

最高裁判所は2015年12月16日、「再婚禁止期間」を6か月間とする民法の規定について、憲法に反する(違憲)という判断を下しました。 正確にいうと、再婚禁止期間6か月のうち「100日を超える部分」が違 …

ナンバープレートの新規制とは?フレーム・カバーはNG?

2016年4月1日より法律改正によって自動車やバイクのナンバープレートの表示についての基準が変わりました。 車やバイクをナンバープレートが付いた状態で販売店から手に入れて、そのまま乗っているという場合 …

民法改正はいつから有効?敷金関係を例に解説

法律が改正されると私たち国民にも何かしらの影響があることが予想されます。 特に、民法という市民生活上のルールがたくさん定められている法律の大改正ともなれば、大きなインパクトがありそうです。 この記事で …

ストーカー規制法で禁止される行為と対応措置

ストーカー被害が社会問題として取り上げられるようになったのは1990年代ころからです。 それを受けてストーカー規制法(ストーカー行為規制法)(正式名:「ストーカー行為等の規制等に関する法律」)が200 …

法律の専門職学位(法務博士 J.D.)をもつ管理人が、新しい法律や興味のある法令、その他気になる話題やDIY情報などの記事を書いています。