その他

オーディオブック活用法!シャドーイングに効果的な方法も紹介!

投稿日:



読書は紙の本を読む以外にも、キンドルなどで電子書籍を読むということも最近では普及しはじめています。

しかし、これらは文字を目で見て読み取っていく必要がありますから、何かをし「ながら読書」ということは難しいといえます。

そういった、「ながら読書」を可能にしてくれるのが、オーディオブックです。

それだけでなく、読もうと思って手に入れた本が読まれないまま積まれているといったことを解消するためにも有効ですし、語学や資格試験の勉強にも有効です。

ということで、この記事ではオーディオブックのメリットを最大限に活かすためのおすすめ活用法などについて書いていきます。

Sponsored Links

オーディオブックの種類

オーディオブックには、CD(コンパクトディスク)として売られているものと、インターネット上からダウンロードするダウンロード形式のものの2種類があります。

CDタイプの物ですとCDプレーヤーで聴くか、CDからデータを抽出して聴く必要があります。

必要なもの

オーディオブックを聴くために必要なものは、大体以下のいずれかのものです。

  • 再生機器(オーディオプレーヤーやCDプレーヤーなど)
  • スマートフォン・携帯電話
  • パソコン

 

ダウンロード方式のオーディオブックであれば、スマホやオーディオブックに入れて簡単に持ち歩きながら聴くことが出来ますが、それ以外でもパソコンから聴くことももちろん出来ます。

オーディオブック活用法

オーディオブックのおすすめ活用法

オーディオブックのかつようほうですが、何かをしながらする聴く場合と、それだけに集中してしっかり聴く場合にわけて説明します。

ながら読書の場合

何かをしながら片手間で読書するために、オーディオブックを活用しようとされる方は多いと思います。時間を有効に使えるのが最大のメリットです。

例えば以下のようなことをしている時間です。

  • 通勤・通学
  • 家事
  • 散歩
  • 休憩

 

再生機にもよりますが、倍速機能が付いていれば、スピードを早めて聴けば時間短縮もできます。

通勤・通学の時間は言わずもがなですね。

電車やバスのなかで本を読んだりすると、ものすごく目が疲れたり、酔い気味になってしまったりすることがありますが、オーディオブックを聴くだけなら目をつぶることもできますし、疲れずに読書ができます。

また、家事などをしながらでも聴くことができますし、外出する際にも聴くことができます。

こういった時に聴くと、細切れの時間を有効に使うことができるだけでなく、気分転換にもなって一石二鳥です。

ただ、散歩中や自転車やバイク、車に乗車中は周囲の音が聞こえないような音量は危険ですから注意が必要です。

特に自転車やバイクに乗る際はイヤホンをすることになると思いますが、周囲の音が聞こえないほどの音量で聴くことは法令違反となってしまいますので、注意してくださいね。

Sponsored Links

しっかり学習する場合

これまで説明してきたように、オーディオブックは「ながら読書」をするために活用するというイメージが強いかもしれませんが、しっかりと机に座って学習する際にも活用できます。

例えば、資格試験などの受験勉強語学の勉強をする場合です。

暗記すべき事柄がある場合には、目で見たり、紙に書いたりするだけでなく、耳で聴くということもプラスすることでより効果的な学習が期待できます。

また、単純に暗記するというだけでなく、理解して覚えるべき事柄であっても、オーディオブックを聴くことは有効です。

なぜなら、はじめは理解できなくても繰り返し聴くことで理解が徐々に深まったりしますし、耳で覚えてから理解が後から付いてくるということもあるからです。

シャドーイングやオーバーラッピングに効果的な方法

耳で聴きながらの勉強は、英語などの外国語学習にも大変有効です。

特に母国語以外の言語を学習する際には、耳で聞きながら勉強することもとても大切です。

そこで英語教材以外だけでなく、洋書のオーディオブックを聴くこともよいでしょう。

流し聞きや、しっかりと理解しながら聴くなど、聴き方にはいろいろあると思いますが、語学学習で注目されているのはシャドーイングオーバーラッピングという方法です。

シャドーイングとは、再生された音声に少し遅れて音声と同じように自分も声を出して話すトレーニング法で、同時通訳者を育成するための訓練方法ともいわれています。

オーバーラッピングとは、再生された音声と同時に音声と同じように自分も声を出して話すトレーニングです。

こういったトレーニング法は、その文を覚えることができるだけでなく、自分で口に出すことによって、その言語のアクセントやイントネーションを体を通して学ぶことができるということで注目されています。

これらの方法は、単に音声を耳で聞きながら話すことを実践することが一般的で、それでも効果的ですが、さらに強化するための方法を紹介します。

それは、自分の発した言葉を同時にマイクを通して自分の耳に入れることです。

シャドーイング・オーディオブック活用法

つまり、自分の発した言葉をもう一度耳を通して聴くことで、その言葉を体にしみこませることが期待できます。

用意するものは以下です。

  • オーディオブックの再生プレーヤー
  • マイク
  • アンプ
  • スピーカー

 

オーディオブックを再生プレーヤーで聞きながら、マイクとアンプとスピーカーをつないで(カラオケセットのようなものでも可)シャドーイング(またはオーバーラッピング)をします。

そうすると、部屋の中の音はオーディオブックの音と、自分の声がミックスされた音が聞こえます。

このように自分の声をスピーカーの音を通して耳で聴くことができます。

この方法は、スピーカーを通して音が出てしまう(イヤホンなどを使うのとマイクの音が聞こえにくくなる)ことと、機材がかさばるため、外出時にはやりにくいのがデメリットです。

しかし機材をお持ちでしたら、一度試してみる価値はあるかと思います。

おわりに

以上、オーディオブックの活用法などについての説明でした。

現在の日本では出版されている書籍全てにオーディオブックがあるというわけではありませんが、ベストセラーを中心に、いい本はオーデオブックも発売される傾向にあります。

オーデオブックは手軽に聴けるのが最大のメリットですが、今回紹介したようにしっかりと勉強する際にも有効に活用できると思います。

ご自身の目的に合わせて、オーデオブックを有効に活用してくださいね。

Sponsored Links

-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

JR高速バス・プレミアムシートの乗り心地は超快適!東京大阪間

管理人は、仕事・用事その他で幾度となく東京-大阪間の高速バスを利用してきました。 昨今はたくさんの会社が参入してきて価格競争が激化して料金がとても安くなっていますが、料金が安い席は、その分シートが簡素 …

国立国会図書館の東京本館と関西館を利用した感想

日本国内で出版されたものは基本的に全て収集・保管しているといわれる国立国会図書館。 名前のとおり国会の立法活動を補佐することを目的とする図書館ですが、一方で満18歳以上の人(外国籍でもOK)に対するサ …

2045年問題とは?技術的特異点以降のシナリオ

米国の大手IT企業などが人工知能の研究を進めるために、優秀な人材を雇い入れたり、できて間もないベンチャー企業などを買収したりしています。グーグルが東京大学で青田買いなどと報道されたりもしました。 その …

大阪府立中央図書館は自習OK!利用者目線で使い勝手をチェック

大阪にある大きな図書館の一つ、東大阪市荒本にある「大阪府立中央図書館」。 大阪市の中心からは少し離れたところにありますが、閲覧室が広くて蔵書数も多く充実した大きな図書館になります。 大阪市西区にある「 …

道の駅羽曳野しらとりの郷!食べて遊べる複合施設

一般道を走っていてちょっと休憩したい、というときにあると便利な「道の駅」。 高速道路のサービスエリアのような感覚で気軽に立ち寄れて、トイレ休憩のついでに地元産の農産物や民芸品、お食事などができれば最高 …

法律の専門職学位(法務博士 J.D.)をもつ管理人が、新しい法律や法律の改正情報、その他気になる話題やDIY情報などの記事を書いています。