その他

大阪府立中央図書館は自習OK!利用者目線で使い勝手をチェック

投稿日:2015年5月19日 更新日:



大阪にある大きな図書館の一つ、東大阪市荒本にある「大阪府立中央図書館」。

大阪市の中心からは少し離れたところにありますが、閲覧室が広くて蔵書数も多く充実した大きな図書館になります。

大阪市西区にある「大阪市立中央図書館」と、今回紹介する「大阪府立中央図書館」は、大阪市と大阪府がそれぞれ図書館をもっているということから、二重行政ではないかという批判がされることもありました。

しかし個人的には、それぞれ場所が離れていること、両者個性が感じられること、利用者数がともに多いことなどから、両方存在している価値は十分にあると考えます。

 

Sponsored Links

それはさておき、この記事では大阪の二大図書館の一つ、大阪府立中央図書館の利用者の視点で使い勝手はどうなのかということを記していきたいと思います。

ちなみに、 大阪市立中央図書館については以下の記事に詳しく書いていますので参考にしてください。

大阪市立中央図書館で自習はできる?食堂完備で便利な空間

充実した資料

大阪府立中央図書館の蔵書数は280万点以上で、大阪市立中央図書館が220万冊以上というわけですから、大阪府内ではトップクラスの蔵書数を誇っています。

大阪府立中央図書館2

蔵書数はトップレベル

ただ、どんな本でもあるかというと、そうではありません。あくまで管理人の経験ですが、例えば学術書など専門性の高い本は府立中央図書館が、ビジネス書などは一般的によく読まれているような本は市立中央図書館が比較的在籍している確率が高いという印象をもっています(ビジネス書関連は大阪府立中之島図書館が充実しています)。

もちろんどちらの図書館もどんなジャンルでもそこそこ揃っていることは確かですが・・・。

古い本などは端末などで調べても、本棚にはなく書庫から出してもらう必要があります。

図書館内にある端末から申し込み用紙を印刷して手続きをすれば、短時間で出してもらうことができ、便利です。

新聞・雑誌も充実

蔵書は書籍だけでなく、新聞や雑誌も充実しています。

バックナンバーももちろん閲覧することはできます。ただ、新聞・雑誌は基本的に貸し出しはできないようですので、注意してくださいね。

あと、新聞五大紙や一部の雑誌は、電子データで読むこともできます。手続きをして専用のパソコンから閲覧することができます。また、この電子データを有料でプリントアウトすることもできて、非常に便利です。

その他データベースの利用ができるものもありますので、興味のある方は公式サイトを参照してみてください。

視聴覚資料(AV資料)もある!

大きな図書館ならではかもしれませんが、CD、DVD、ビデオなどの資料もあり、音楽や映画などの古典的な名作から比較的最近の作品や、教養やHow to系の作品などがあります。

さすがにツタヤなどのレンタルショップほどの品揃えには到底及びませんが、これらの貸し出し可能なものも多いので、とてもうれしいサービスです。

 

Sponsored Links

自習はOK!

図書館を使おうと思っている方の中で比較的多いのは、図書館で自習をしたいという方です。

公共図書館では、図書館内の資料(本など)を利用せずに自分が持ち込んだものだけで勉強することは禁止(つまり自習禁止)であるところが多いのですが、府立中央図書館は自分が持ち込んだ本だけで勉強してもよいと、公式ページのFAQに書かれています。

ということは、自習OKということで太っ腹ですね。

また、2階にある多目的室や大会議室を学習スペースとして開放されていることがありますので、来館された際はチェックしてみてください。

閲覧席は結構うまっている

ただ、自習するときに気をつけたいのは、閲覧席です。

府立中央図書館は1000以上の閲覧席がありますが、利用者が多いため、日中の閲覧席は結構うまっています。特に3階と4階にある一人席は午前中の早い段階で埋まってしまう感じですので、注意が必要です。

テーブル席などの合い席も日中はそれなりに埋まっていますが、こちらは一人席に比べると回転率は高いですので、どこかには座れると思います。

ただ、上の項目で紹介したように、多目的室や大会議室を学習スペースとして開放されていることがありますので、そちらを利用する手もあります。

大阪府立中央図書館

食堂は・・・

図書館の楽しみの一つは食堂だと思っている管理人ですが、ここにも食堂があります。

ただ、ワンコインで食事・・・というわけにはいかないようですが、こだわり食材を使ったメニューですので試されてみても良いかもしれません。

近くにはイオンも

あとは図書館の建物から道路を隔てたところに、イオン東大阪店がありその中のフードコートやイートインスペースを利用するという手もあります。こちらも標準的な価格帯になっています。

フードコートには洋食、和食、中華などいろんなお店が入っていますのでたくさんの中から選ぶことができます。

ちょっと一服できる空間も

実は、この図書館には屋上庭園といって、3階に外に出ることができるスペースがあって、そこがちょっとした庭園になっています。

ベンチもありますので、ちょっと一服したい場合には最適ですね。ちなみに飲食や喫煙ができるというのもうれしいですね。

アクセス

この図書館へのアクセスですが、近鉄けいはんな線の荒本駅から徒歩7分ほどのところにあります。

自転車やバイクの駐輪場はあり、無料で駐輪できます。

自動車の駐車場はありますが、30分150円の有料になります。

中央環状線と中央大通りの交差点から中央大通りを東へ少しいったところという便利なところにあります。周辺の道は広くて行きやすいです。

さいごに

以上、大阪府立中央図書館について書いてきました。

建物の設計のせいかもしれませんが、利用者数が多いとはいえ、大阪市立中央図書館に比べると若干ゆったりできるという印象をもっています。

建物が広くてきれい、そして職員の方々も親切ですので非常に使い勝手のよい図書館であるといえますので、ご利用の際には存分に堪能してくださいね。

 

Sponsored Links

-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

旧千円札(聖徳太子、伊藤博文、夏目漱石)の価値は?買取価格などについて

日本で千円札(千円券)が発行されたのは昭和25年(1950年)で、今から66年ほど前から発行されている歴史のある紙幣になります。 図柄は最初発行されたものから3回変更されており、現在は野口英世が描かれ …

子供用自転車ヘルメットの選び方!おすすめは?

小さなお子さんを抱えている子育て中のママさんたちが、日々移動の手段として乗られることの多い自転車。 生活には欠かせない乗り物になっている方も多いと思います。 しかし二輪の自転車は、お子さんを乗せたり、 …

プラトン『国家』の内容!洞窟の比喩は現代でも新鮮

古代哲学の古典的名著の一つがプラトンの『国家』です。 哲学というと難しくて取っつきにくいイメージがあると思いますが、『国家』は全くそんなことを感じさせない作品です。 庶民感覚をもったまま違和感なく読み …

車の改造!ドレスアップ方法をタイプ別に解説

個性のある車にしたい!普通とはちょっと違うカッコイイ車にしたい!という時にやりたくなるのが車の改造・ドレスアップです。 もっとも、どのように改造やドレスアップをするのかというは、自分の目指したい方向性 …

五百円札の価値は?買取や販売価格の相場はどうなっているの?

今から20年ほど前に発行が停止された五百円札(五百円券)。 新しく五百円玉が出てきたときは真新しく感じたものですが、今では完全に定着し、五百円札は普段生活している中で見かけることはほとんどなくなりまし …

法律の専門職学位(法務博士 J.D.)をもつ管理人が、新しい法律や興味のある法令、その他気になる話題やDIY情報などの記事を書いています。