その他

Yahoo!マネー(ヤフーマネー)とは?メリットやデメリットなどについて

投稿日:2016年7月2日 更新日:



いわゆる電子マネーといわれるものは、今ではさまざまなものがあります。

そういった状況にあってヤフーが「Yahoo!マネー」(ヤフーマネー)という新しい電子マネーの運用を2016年5月26日より開始しました。

このヤフーマネーというサービスはどういったものなのか、サービス内容などに少し触れた上で、メリットやデメリットなどについて触れていきたいと思います。

ヤフーマネー

「Yahoo!マネー」とは?

Yahoo!マネー(ヤフーマネー)は、現在以下のサービスを利用をする際、支払いなどに当てることができる電子マネーです。

  • Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)
  • LOHACO(ロハコ)
  • ヤフオク

 

これらのサービスでお買い物をするときにヤフーマネーを利用することができます。

また、後述しますが、ヤフオクでは出品者として物を売ったときにその金額をヤフーマネーで受け取ることもできます。

 

Sponsored Links

利用するには

詳細は公式ページに譲るとして、簡単に大まかな説明をします。

利用するためには、Yahoo! JAPAN IDを取得した上で、Yahoo!マネー(ヤフーマネー)に登録することが必要になります。

すでにYahoo! JAPAN IDをお持ちの場合はそれを使用できます。

少しややこしいですがヤフーマネーは、Yahoo!ウォレットというすでにヤフーが提供している決済サービスの中の一部という位置づけになっています。決済方法が増えたということですね。

ですから、ヤフーマネーはYahoo!ウォレットの管理画面の中で管理します。

ちなみにYahoo!ウォレットにすでに口座等が登録してあっても、ヤフーマネー用に新たに登録する必要があります。

ヤフーマネーへの入金は

  • チャージ
  • ヤフオクの落札代金をヤフーマネーで受け取る

 

という方法によってできます。

ヤフーマネーのメリットとデメリット

ヤフーマネーのメリットやデメリットを説明するには、ヤフーマネー以外の従来から利用できる支払い方法などと比較したほうがわかりやすいと思いますので、これらのサービスで従来から利用できる支払い方法などについて、まず整理してみます。

従来からの決済方法

ヤフーマネーが利用できる3つのサービス、Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)、LOHACO(ロハコ)、ヤフオクの従来からの支払い方法は、おおむね以下のとおりです。

ヤフーショッピング

ヤフーショッピングは、出店している店舗によって異なりますが、概ね以下の支払い方法が選択できます。

  • 銀行振り込み
  • 代金引換(商品代引)
  • 電子マネー(モバイルSuica、、ペイジーなど)
  • コンビニ決済
  • クレジットカード
  • Tポイント

 

ロハコ

ロハコでは以下の支払い方法があります。

  • クレジットカード(手数料無料)
  • コンビニ決済
  • 代金引換
  • Tポイント

 

ヤフオク

出品者によって異なりますが、概ね以下の支払い方法が選択できます。

  • 銀行振り込み
  • 代金引換(商品代引)
  • ヤフーかんたん決済
    クレジットカード(VISA MASTER JCB DINERS AMEX)
    インターネットバンキング
    ジャパンネット銀行支払い
    銀行振込(振込先:ジャパンネット銀行)
    コンビニ支払い
  • Tポイント

 

Sponsored Links

メリットは?

ヤフーのサービスを使ってお金を支払う方法は、以上のようにすでにいくつかあります。

すでにこれらの支払い方法があるにもかかわらず、ヤフーマネーという新たな方法を導入するメリットは何でしょうか?

ヤフーマネーのメリットとしては、今のところ以下の点にあると考えられます。

  • ヤフオクでの売買に有利(2%お得)
  • 預金払いが便利
  • Tポイントも併用できる
  • 手数料無料

 

ではこれらについて少し説明します。

ヤフオクでの売買に有利(2%お得)

ヤフオクに出品した物が落札され、落札者が「かんたん決済」を利用した場合の落札代金をヤフーマネーで受け取ることができます(上限あり)。

全額ヤフーマネーにチャージすることもできますし、金額を指定して一部をチャージすることもできます。

その際、チャージした額の1%分のTポイント(ヤフーマネーではありません)を後日、受け取ることができます。

これには、出品者かんたん決済が利用できるように設定することと、落札者かんたん決済で支払うことが条件になります。

現金での受け取り(登録口座への入金)よりも、1%上乗せされるということなので、お得ですね。

上記に加え、現在では自分が落札者としてヤフオクで何かを落札してヤフーマネーで支払う場合は、支払う額の1%分のTポイントをさらに獲得することができるようになっています。

この場合、1%+1%の、合計2%お得に利用することができるということになっています。

ちなみに、ヤフーマネーで支払う時は、Tポイントも併用することができます。

ヤフーマネー2

預金払いが便利

ヤフーマネーの預金払い口座という、ヤフーマネーの残高が足りないときに自動的に不足額が引き落とされる口座を登録することができます。

この口座を設定しておけば、ヤフーマネーの残高が不足していても不足額がその口座から自動的に引き落とされることになります。

このメリットは、わざわざヤフーマネーに口座からチャージする必要はないということと、インターネットバンキングのように、わざわざログインして金額を設定して暗証番号を入れて・・・、といった手続きが不要ということです。

こういった手間をかなり省くことができる点は便利です。

Tポイントも併用できる

支払い時にTポイントを使うこともでき、両方併用できる点もメリットですね。

これはヤフーショッピング、LOHACO(ロハコ)で支払うときも同様です。

ヤフーマネーTポイント預金払い口座からの支払い、と3つを併用することができるため、端数のヤフーマネーを使ってしまいたい場合や、Tポイントの有効期限が迫っている場合などは便利に使うことができますね。

また、預金払い口座をジャパンネット銀行にして預金払いした場合、ポイントがたまるキャンペーンなどが実施されていることもあり、さらにお得にりようできることもあります。

手数料無料

ヤフーマネーでの支払いや、ヤフーマネーへのチャージには手数料はかかりません

この点は、手数料を気にせずに使える点でメリットですね。

ただ、後述するように、ヤフーマネーを現金に戻すには、手数料はかかります。

デメリットは?

では次にデメリットについてみていきます。

デメリットと思われるものとしては、以下の点です。

  • 使い道が限られる
  • 現金化するには手数料がかかる
  • チャージするメリットがあまりない?

 

といった点です。順番に説明します。

使い道が限られる

今後、ヤフーマネーが利用できる対象が広がる可能性はありますが、現在のところは

  • ヤフーショッピング
  • LOHACO
  • ヤフオク

 

でのみ利用できるにとどまります。

ということで使い道がこれらに限られ、自由度が少ないという点はデメリットですね。

しかも現在のところ、ヤフーショッピングに出店している店舗すべてで使えるわけではなく使えない店舗もあります

綿密に商品を見定め、価格比較をしてポイント倍率も加味してやっと決めた店舗でも、支払いの段階になってヤフーマネーが使えないことに気がつくということもあります。せっかく時間をかけて選んだのに…、ってことになることがありうることは事実です。

またヤフオクでも、すべてのオークションでヤフーマネーが使えるとは限りません。かんたん決済での受け取り設定をしていない出品者のオークションでは使えません

またチケット・金券類のオークションで、落札代金の支払いとしてかんたん決済ヤフーマネーでの支払いが選択ができるにもかかわらず、最終段階になって支払いができないということがありますので、この点も十分注意が必要です。

現金化するには手数料がかかる

一度チャージしたり、ヤフオクで落札された代金をヤフーマネーで受け取ったりして貯めたヤフーマネーを現金化するには手数料がかかります。

口座からチャージする際には手数料は無料ですが、ヤフーマネーから預金払い口座へ払い出し(現金化)するには、払い出し金額に対し2.16%の手数料がかかってしまいます。

電子マネーを現金にするには、やはり多少の手数料がかかるのは仕方のないことなのかもしれませんが・・・。

チャージするメリットがあまりない?

追記:現在はヤフオク、ヤフーショッピング、ロハコいずれでも、ヤフーマネーで支払った場合は、支払い額の1%分のTポイントがもらえますので、この点でメリットはあります。)

チャージするには手数料はかかりませんが、預金払いを設定しておけばチャージしていなくても自動的にその口座から引き落とされます。

ということは、わざわざチャージする必要はないとも考えられます。

強いてチャージする意味をあげるとすれば、預金払い口座に必要な金額がなければ支払うことはできませんので、あらかじめ必要な金額をチャージしておき、払えなくなるということを防ぐことができるという点です。

また、あらかじめチャージしておくことで、使う金額を見える化して管理しやすくするということも考えられますが、お金の管理の仕方はいろいろと方法がありますので、メリットとするにはちょっと苦しいかもしれません・・・。

さいごに

以上が、ヤフーマネーのメリットとデメリットでした。

個人的には、ヤフオクでのヤフーマネーでの代金受け取り・支払いや、ヤフーショッピングでの支払いに利用しましたが、一通りの設定を終えた後は、非常にスムーズに使うことができて便利だと感じています。

ただ、ヤフオクのかんたん決済の支払い受付が即時反映ではなく、「ヤフー審査中」や「確認中」となる時間が発生し、若干のタイムラグが生じることになったことや、ヤフオクでのヤフーマネーでの代金受け取りの特典は、利用日の翌月25日前後に期間固定のTポイントでもらえるといったことがありますので、こういった点はあらかじめ知っておいたほうがいいですね。

せっかく特典のポイントがもらえても、気づいたらポイントが失効していたなんてことのないように気をつけましょう。

以上のような注意点はありますが、継続してヤフーのサービスを利用する場合には、お得に利用できると思います。

一度利用されてみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Links

-その他

執筆者:


  1. トレ男 より:

    Tポイントがトータル10パーセント付いたって、50万円分落札されてそれをヤフーマネーから現金化しようとすれば10800円手数料で取られるってことですよね。

    出品して10万円分落札されたなら10000ポイントもらえて、お金引出しに手数料2160円掛かっても約8000円分のお得感はある。

    出品して20万円分落札されても10000ポイント以上もらえないから、落札される額が増えれば20万円なら4320円の手数料が引き出しにかかる。

    落札額が増えれば増えるほどお得感は無くなるシステムなんですね。

    1706300028時点での話です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京オリンピック銀貨の価値は?1000円と100円の額面以上?

東京オリンピックといえば、2020年に東京で開催される第三十二回オリンピック競技大会(2020年夏季オリンピック)の話題が最近では多いですが、今から50年前の1964年にも東京オリンピックが開催されて …

テレビの処分方法!無料で廃棄!?お金をかけない方法も紹介

不要になったテレビ、どのようにして処分をしようか悩みますよね。 家電リサイクル法によってテレビを粗大ごみとして捨てることができなくなった現在では、処分料を支払って引き取ってもらうことが当たり前となって …

国会見学(衆議院と参議院)に行ってみた感想と見所を紹介!

社会見学の一つとしては、一度は行っておきたい国会。 テレビのニュースではよく見る建物ですが、周辺はたくさんの警察官が警備されていて近づきがたい雰囲気を感じるかもしれません。しかし、実際は誰でも見学する …

ヤフネコパック!はこブーン等との違いと特徴について

「ヤフネコ!パック」がリリースされました。 このサービスはヤマト運輸とヤフオク!がシステム連携して実現したサービスですが、どういった特徴やメリットなどがあるのかについて書いていきたいと思います。 ヤフ …

カセットテープをデジタルデータ化してパソコンに取り込む4つの方法

音の録音・再生にはカセットテープという時代がかつてはありました。 音楽を聴くのもカセットテープ、会議や講演の録音もカセットテープ、と庶民が音を録音・再生するにはカセットテープしかありませんでした。 機 …

法律の専門職学位(法務博士 J.D.)をもつ管理人が、新しい法律や興味のある法令、その他気になる話題やDIY情報などの記事を書いています。