刑事法関連 法律

少年法の適用年齢は?手続きとともに解説!

投稿日:2015年4月9日 更新日:



少年法(しょうねんほう)やその他関連する法律が、どの年齢の少年に適用されるかは、色々と分かれていて複雑そうなイメージがありますよね。

確かに事件の手続きや刑罰、送られる施設などを含めると、年齢によって細かく分かれていて複雑です。

しかし、14歳を基準にしてそれより上か下かでみていくと比較的すっきりします。

年齢に応じてどういった手続きがあり、その他どういった違いがあるのかについて、わかりやすく説明していきたいと思います。

Sponsored Links

少年法の適用年齢は20歳未満

まず大原則として押さえておいていただきたいのは、少年法が適用されるのは20歳未満の少年ということです。

少年」とは男性・女性のことをいい、20歳未満というのは20歳は含まない19歳以下(0歳~19歳)ということです。

ちなみにここでいう年齢は、警察においては罪となる行為を行った時を基準に判断されます。

14歳未満は刑事未成年

もっとも、犯罪について定めた刑法(けいほう)という法律には、14歳未満刑罰(罰金や懲役、禁固などの刑ですね)は科されないことになっています。

ということで、刑事責任が問われる14歳~19歳と、刑事責任が問われない0歳~13歳にわけて説明していきます。

14歳~19歳について

この14歳~19歳の年齢で犯罪行為を行った場合は、大まかには以下のような流れで事件が処理されます。

  1. 警察の捜査
  2. 検察の捜査
  3. 家庭裁判所で調査・審判

 

罰金以下の軽い事件の場合は1.から3.へ直接送られます。

家庭裁判所(かていさいばんしょ)では、事件を調査し、審判をするかどうかを決めます。審判というのは、裁判官が少年や保護者などと面接して審理判断することをいいます。

審理が行われた場合、どんな処分をするのか決定(終局決定)されます。

終局決定の内容

決定としては以下のものがあります。

  1. 検察官送致
  2. 保護処分
  3. 都道府県知事・児童相談所長送致
  4. 不処分

 

1.の場合は、逆送(ぎゃくそう)といって再び検察へ送られることになります。そして起訴(裁判に訴えること)かどうかが決められ、起訴されれば、刑事裁判が行われることになります。裁判が行われた場合に科すことができる最高刑は、18歳・19歳は「死刑」、14歳~17歳は「無期刑」と違いがあります。

Sponsored Links

 

2.の保護処分には、

  • 少年院送致
  • 保護観察
  • 児童自立支援施設・児童養護施設送致

 

があります。ここでいう児童とは18歳未満の少年をいいますので、ここでは14歳~17歳が対象になります。

3.の児童相談所長送致の場合も14歳~17歳が対象になります。

4.は、保護処分の要件を満たさないと判断された場合や、保護処分の必要がないと判断された場合には、不処分となります。

少年法の適用年齢は?

0歳~13歳について

14歳未満刑事未成年のため、13歳以下の年齢で刑罰法規に触れる行為をしても、その行為は犯罪とは扱われません

したがって14歳以上とは別の手続きとなり、以下のような流れになります。

  1. 警察の調査
  2. 児童相談所長の措置
  3. 家庭裁判所で調査・審判

 

1.では警察が調査をし、刑罰法規に触れる行為をしたことが判明すれば、福祉事務所または児童相談所へ通告します。

2.では通告を受けた児童相談所長は、施設への入所措置または家庭裁判所への送致、あるいは児童家庭支援センターへ指導を委託をするなどを判断します。

3.は家庭裁判所へ送致された場合、調査の上、審判をするかどうかを判断されます。おおむね12歳以上なら少年院送致もありえます。

さいごに

少年犯罪の手続きを考える場合には、14歳未満の少年は刑事未成年で刑事責任能力がないため、犯罪を犯したと扱われないことから、14歳未満か14歳以上かでまず分けるとわかりやすくなります。

14歳以上の少年の場合は、原則として刑事責任能力があるとして犯罪を犯したと扱われます。

したがって、14歳以上の場合は犯罪事件として刑事手続きの性格が強くなるのに対し、14歳未満の場合は犯罪事件ではなく児童福祉手続きの性格が強くなります。

大まかにこれらを押さえておけば、手続きが見えやすくなるかと思います。

Sponsored Links

-刑事法関連, 法律

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

裁判傍聴の方法とポイント!誰でも簡単にできます!

裁判って、私たち一般人には縁が遠いものだと感じますよね。 裁判というと、離婚や相続、金銭の貸し借りなどで話がこじれた場合に訴えたりすること(俗にいう「訴えてやる!」というやつですね)とか、あるいは悪い …

下請法の内容を簡単にわかりやすく説明します

下請法については、業務を下請け業者さんに依頼する業者(親事業者)さんばかりでなく、依頼される側の下請け業者(下請事業者)さんも気になる法律ではないでしょうか。 下請法は少し複雑なところもありますが、こ …

TPPで著作権侵害が非親告罪化!?その影響について

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)が締結されれば、日本における著作権侵害(著作権法違反の行為)が非親告罪(ひしんこくざい)になるといわれています。 仮に非親告罪になった場合、クリエイターたちの創作活 …

マイナンバー制度と住基ネットの違いは?住民票コードとの関係は?

マイナンバー制度というものが始まることになっています。 一人ひとりに与えられる番号というと、過去に似たようなものがありましたよね。それは住基ネットの住民票コードのことです。 マイナンバー制度と住基ネッ …

憲法改正の国民投票って何?いつ行われるの?

数年前から、憲法(けんぽう)の改正について議論されることが増えてきました。 一昔前は憲法改正という言葉そのものがタブーのような雰囲気がありましたが、今ではそれが嘘のようです。 改正そのものの是非や、改 …

法律の専門職学位(法務博士 J.D.)をもつ管理人が、新しい法律や法律の改正情報、その他気になる話題やDIY情報などの記事を書いています。