刑事法関連 法律

おとり捜査が許される場合とは?違法になる境目について

投稿日:2015年9月16日 更新日:



おとり捜査(囮捜査)と聞くと、どんなイメージがあるでしょうか?

おとり捜査を題材にした「おとり捜査官」というドラマが人気になったりもしますので、その捜査方法について多くの方が関心をもっていることでしょう。

実は現実の日本の法律には、おとり捜査については何ら規定がありません

犯罪捜査は、逮捕や家宅捜索をしたり、色々な情報調べたりと、国家権力が国民に対して何かしらの人権を制限することが多くなります。

そのため、捜査についてはなるべく人権侵害が起きないように法律で厳しく規定されています。

おとり捜査が法律に規定されていないなら、現実におとり捜査はできないのではないかとも思われますが、実際はおとり捜査を行うことはできます。

しかし、どんなおとり捜査でもできるわけではなく、一定の限られた場合にのみ認められることになっています。

この記事ではどのような場合が適法なおとり捜査なのか、その点について説明していきたいと思います。

Sponsored Links

おとり捜査とは

では、そもそもおとり捜査とはどのような捜査をいうのか確認しておきます。

日本でいうおとり捜査とは、捜査機関または捜査協力者が、身分や意図を隠して犯罪を実行するように働きかけ、これに対象者が応じて犯罪を実行したところで検挙する捜査方法のことをいいます。

多くの方がイメージしているおとり捜査とだいたい一致しているのではないでしょうか。

2種類に分けられる

おとり捜査には、機会提供型犯意誘発型の二つの種類に分けるのが代表的な考え方です。

これらは対象者がもともと犯罪を行う意思をもっていたのかどうかによって分けられます。

機会提供型

もともと犯罪を行う意思をもっていた人に対して働きかけて、犯罪を犯したところで検挙する場合を機会提供型のおとり捜査といいます。

例えば、違法薬物を密売しようとうろついている対象者に対して、捜査官が「売ってほしい」と働きかけるような場合です。

この場合、密売人はもともと違法薬物の密売という犯罪を行う意思をもって買ってくれる人を探していたところを、捜査官が売買の機会を提供したということになります。

この意味で機会提供型といわれます。

おとり捜査が許される場合1

犯意誘発型

当初は犯罪行為を行おうとは思っていない人に対して働きかけを行い、犯罪を行う意思決定をさせて犯罪を犯したところで検挙する場合を犯意誘発型のおとり捜査といいます。

例えば、なんら罪を犯そうとは思っていない人に対して、あの店では簡単に盗みができるなどと働きかけて、万引きを誘発させるような場合です。

この場合、もともと万引きをする意思をもっていない人に働きかけて犯罪を犯す意思(犯意)を誘発させたという意味で、犯意誘発型といわれます。

次で説明しますが、この犯意誘発型のおとり捜査は認められていません。

適法なおとり捜査とは

捜査には、強制的に行われる強制捜査(きょうせいそうさ)と、強制捜査以外の任意捜査(にんいそうさ)があります。

強制捜査は、逮捕や家宅捜索など強制的に行われるものですね。

これに対して任意捜査は、任意の事情聴取など同意を得て行われるものや、尾行や聞き込みなど対象者の重要な権利・利益を侵害しないような捜査をいいます。

国語的には「任意」とついているのに、相手の自由意志による同意がないものも含まれるのが少しややこしいところですが、上記のように区別されています。

そして、強制捜査は法律に規定がないと行うことはできません(強制処分法定主義)。

Sponsored Links

適法なおとり捜査は任意捜査に位置づけられる

冒頭で触れましたように、おとり捜査は法律に規定されていません。

強制捜査であれば法律に定められていないと行うことはできませんが、任意捜査なら許される余地があります。

任意捜査として適法であると認められるのは、捜査の必要性・緊急性、手段の相当性が考慮されます。

おとり捜査が許される場合2

許されるのは機会提供型のみ

この要件を機会提供型のおとり捜査(違法薬物の密売人への例)にあてはめてみます(あくまで一例です)。

必要性・・・違法薬物が蔓延することを防ぐため捜査の必要性がある

緊急性・・・放置すれば薬物汚染が広がるため密売を防止する緊急性がある

手段の相当性・・・密売の意思がある者に対して密売の機会提供のため、おとりの働きかけの程度が小さく手段も相当である

といったような判断がされますので、適法と解釈されます。

逆にいうと、捜査の必要性・緊急性、手段の相当性のような要件から外れるおとり捜査は、違法になります。

ただ、現実にはそのような違法な捜査が行われるということはあまり考えられません。

さいごに

以上、おとり捜査の種類と適法なおとり捜査についてでした。

刑事手続きは、犯罪事実がどのようなものであったかを究明する真実発見の要請と、捜査によって被疑者の権利・利益を過度に侵害しないという人権保障の要請をいかにバランスよく調整するかが重要になっています。

法律に規定がないおとり捜査の場合、任意捜査として厳しい要件が判断されて適法かが判断されるのは、そのような背景があるためなのですね。

Sponsored Links

-刑事法関連, 法律

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

少年法の適用年齢は?手続きとともに解説!

少年法(しょうねんほう)やその他関連する法律が、どの年齢の少年に適用されるかは、色々と分かれていて複雑そうなイメージがありますよね。 確かに事件の手続きや刑罰、送られる施設などを含めると、年齢によって …

民泊新法の全体像をわかりやすく説明します

住宅宿泊事業法、いわゆる民泊新法というものが、2018年6月15日に施行されます。 この法律の内容とは一体どのようなものなのでしょうか。 民泊サービスを利用する側(客)であれば、法律を知らなくてもサー …

スタッドレスタイヤの夏使用はNG?ノーマルタイヤとの違いは?

冬になると雪が積もる地域では欠かすことの出来ないスタッドレスタイヤ。 雪がなくなり、春になってくるとノーマルタイヤ(夏タイヤ)に履き替えるというのが通常です。 スタッドレスタイヤの溝が少なくなってきた …

ヘイトスピーチ規制法の内容とは?問題点などわかりやすく説明します

いわゆる「ヘイトスピーチ規制法(対策法)」という法律の案が、2016年5月24日が衆議院を通過し成立しました。 ヘイトスピーチに関しては、以前から法規制が必要であるとの意見が強く、法制化に向けての動き …

ヘイトスピーチ規制条例とは?大阪市の対策について

ヘイトスピーチへの対処などを内容とする、大阪市の条例案(「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例案」)が、2015年1月15日に可決されました。 近年耳にすることが多くなったヘイトスピーチ。 ヘイト …

法律の専門職学位(法務博士 J.D.)をもつ管理人が、新しい法律や興味のある法令、その他気になる話題やDIY情報などの記事を書いています。