その他

バイク用ドライブレコーダー|おすすめの人気商品紹介!

投稿日:2015年10月28日 更新日:



ドライブレコーダー発売当初ははタクシーなど業務で使用する自動車に使用されることが多かったのですが、今では自家用車にも取り付けられることも多くなってきました。

車が取り付けるなら、同じ道路を走っているバイクにも必要では?ということでバイクに乗っている方の中でも、ドライブレコーダーを取り付けされる方が増えてきました。

ドライブレコーダーといっても、スポーツの際に体やヘルメットに装着するアクションカメラをバイクや自転車用に応用したものから、バイク専用に設計された本格的なものまであります。

価格や機能面でさまざまなものが販売されるようになってきていますので、ドライブレコーダーを取り付けしようとした場合、どれを選んでいいのか迷ってしまうことがあるかと思います。

そんな時のために、価格や機能面に着目しながらおすすめのドライブレコーダーを選んでみました。

ドライブレコーダーのメリット

ドライブレコーダーを設置するメリットはたくさんありますが、主なものは以下です。

  • 事故・事件の証拠を残せる
  • 運転記録を残せる
  • 安全運転のきっかけになる

 

一つ目はなんといっても、事故や事件に遭遇した際に証拠を残せるということです。

現場の状況がどのようになっていたかなどは、よく見ていなかったり記憶があいまいになったりして、当事者同士で言い分が食い違うことはよくあります。

そんなときに、ドラレコの映像があれば、客観的な記録として証拠になり、トラブルを防止することができます。

二つ目は、自分が運転した記録を残すことができることです。

旅の思い出として残すことはもちろん、自分の運転技術を磨くためのチェック材料として活用することもできます。

三つ目は、安全運転のきっかけになることです。

ドライブレコーダーを設置すると、運転している状況が記録されることになります。

当然、無茶な運転をした場合も記録されてしまうわけですから、自然と安全運転をするように心がけるようになることが期待できます。

だいたい以上のようなメリットが考えられるわけですが、ドライブレコーダーを搭載していて損になるということはほとんど考えられませんね。

バイクドライブレコーダー

おすすめ人気商品はコレ!

ドライブレコーダーには価格が安いものから高いものまでいろいろあります。

当然、価格やメーカーによって機能や性能に差があります。低価格でお手軽に試せるものから高価格で本格的なものまであります。お手軽な値段のものから順番に紹介していきます。ご自身にあったものを選ぶ際の参考にしてくださいね。

MUSON(ムソン) MC2

とにかく低予算でドライブレコーダーを試したい!という方におすすめなのがMUSON(ムソン)のアクションカメラ 「MC2」です。

価格1万円前後です

(以下の画像クリックでアマゾンの販売ページへ飛びます)


MUSON アクションカメラ 4K 防水[メーカー直販/1年保証付]2インチ液晶画面 WiFi搭載 170度広角レンズ ハルメット式 スポーツカメラ バイクや自転車、カートや車に取り付け可能 ウェアラブルカメラ HD動画対応 防犯カメラ MC2 ブラック

 

以下は楽天市場での販売価格です。

MUSON MC2 の販売ショップ一覧

 

入門機としておすすめ

バッテリー内蔵型なので、バイクだけでなく自転車に搭載したり、スポーツ時に使用することも可能です。取り付けのためのアタッチメントも豊富で様々な取り付け方ができます。

4K対応の他、予備バッテリー防水ケースも付属しています。またWiFi機能が付いていますので、アプリをスマホにインストールすればスマホで映像を確認することもできます。

このような至れり尽くせりの充実した内容になっています。

価格が安いのでドライブレコーダー入門機としてもおすすめできます。

この機種は海外メーカー製ですが、アマゾンのレビュー等を見ると高い評価が多いですし、サポートもきちんと行われていることが伺われます。

使用するには別途、microSDカード(32GBまで)が必要になります。32GBを超えるmicroSDカードを使用するとうまく作動しない恐れがあります。

この機種以外の類似商品を見比べたい場合は、「アクションカメラ」や「ウェアラブルカメラ」でショッピングモール内を検索すると類似商品が出てくるかと思います。

多様な取り付け方が可能

バイクに取り付ける場合は、

  • ヘルメット
  • バイクのハンドル

のいずれかに取り付けるのが一般的だと思います。

いずれの場合にも取り付けに必要なアタッチメントがありますので、取り付けは可能だと思います。

もっともバイクのハンドルに取り付ける場合、スクーターなどハンドルのパイプ部分がカウルに覆われているバイクは、別途クランプバー等を取り付ける必要があります。

取り付けに関しては以下の記事が参考になります。

バイクにドライブレコーダーを取り付け!使用した感想などについて

 

GoPro HERO5 BLACK

ドライブレコーダーでも画質にこだわった本格的なカメラがほしい方には「GoPro HERO5 BLACK」がおすすめです。

定価は5万3千円ですが、販売ショップによって多少安い価格設定になっていることがあります。

高価ですがカメラの品質や映像画質にこだわる方にはおすすめです。

(以下の画像クリックでアマゾンの販売ページへ飛びます)


【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

 

以下は楽天市場での販売価格です。

GoPro HERO5 Black の販売ショップ一覧

 

こちらも内蔵型バッテリーで付属品も充実しており、バイク、自転車、スポーツ時にも使用できます。

タッチディスプレイ、位置情報取得機能、手ブレ補正機能が特徴です。もちろん防水機能もあります。

使用するには別途、microSDカード(64GB)が必要になります。

またバイクのハンドル等に取り付けるには、別途専用のマウントを入手する必要があります。

FOXeye GC1(バイク専用)

以上二つの商品は、アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)という位置づけで、様々な用途で使えるカメラをバイクのドライブレコーダーとして使用できるというものでした。

しかし次に紹介する「FOXeye GC1」は、バイク専用のドライブレコーダーとして開発されたものです。

(以下の画像クリックでアマゾンの販売ページへ飛びます)


Foxeye(フォックスアイ) GC1ドライブレコーダー 32GB モーターサイクル専用 車載型 530002 (242002)

 

以下は楽天市場での販売価格です。

FOXeye GC1の販売ショップ一覧(8GB・32GBモデル共)

8GB・32GBモデルで価格が違いますので注意してください。

 

価格2万円~3万円台ですが、8GBモデル32GBモデルで価格が異なります。

現在公式サイトでは32GBモデルのみとなっているようですが、8GBモデルがまだ販売されている場合もあるようです。

便利機能は以下です。

  • 防水機能
  • スマホで映像を確認・ダウンロードできる
  • バイクのバッテリーからの電源供給(電池切れの心配なし)
  • スマホなどの充電ができる
  • 常時録画対応

バイクのバッテリーから電源を取るため、バッテリー残量などを気にすることなく録画できるのが嬉しいですね。

その他、スマホにWiFi 接続して画像を確認したり、USB接続でスマホに映像をダウンロードできるのは魅力ですね。

またUSB接続中はスマホの充電ができるというのも便利です。機能面を考えるとオススメできる商品の一つです。

詳細は正規代理店のサイトで確認できます。

FOXeye GC1のサイト

ユピテル BDR-2 WiFi

こちらもバイク専用のドライブレコーダーとなります。

有名メーカーのユピテル(Yupiteru)がバイク専用に設計したドライブレコーダー「BDR-2 WiFi」です。

価格4万円台と安くはありませんが、かゆいところに手が届く非常に便利な機能が満載の製品です。

(以下の画像クリックでアマゾンの販売ページへ飛びます)


ユピテル(YUPITERU) バイク専用ドライブレコーダー BDR-2 WiFi

 

主な便利機能は以下です。

  • WiFi 接続でスマホから操作できる
  • WiFi 接続でスマホから映像を確認・ダウンロードできる
  • 防水・防塵機能あり
  • バイクのバッテリーからの電源供給(電池切れの心配なし)
  • 常時録画対応

 

スマホで映像を確認したり、ダウンロードできます。しかもWiFi 接続なのでとても便利ですね。

また、電源はバイクのバッテリーからの供給なので、内蔵型の電池とは違い電池切れの心配をすることなく常時録画できるのも魅力ですね。

もちろん、常時録画以外もできます。

法人向けの業務用ドライブレコーダー(BDR-1など)を販売している老舗の日本メーカーだけあって、品質も信頼できます。

長時間運転する、あるいは業務で使用するなど、ドライブレコーダーを多用される方は検討してみてはいかがでしょうか。

さいごに

以上、おすすめのドライブレコーダーの紹介でした。

低価格のものから、本格的な高価格帯のものまでさまざまあります。もっとも、技術の進歩も日進月歩で、年々より高品質で低価格なものが出てきているのも事実です。

価格とスペックのバランスを見ながら、ご自身の用途に合ったドライブレコーダーを選ぶ指針にしていただければ幸いです。

<関連記事>

バイクの改造が許される範囲は?チューニングで気をつけるべきこと

車のドレスアップ!不正改造にならない範囲【外装パーツ編】

車の改造・ドレスアップ!許される範囲は?【内装パーツ編】

 

 

Sponsored Links

-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

国立国会図書館の東京本館と関西館を利用した感想

日本国内で出版されたものは基本的に全て収集・保管しているといわれる国立国会図書館。 名前のとおり国会の立法活動を補佐することを目的とする図書館ですが、一方で満18歳以上の人(外国籍でもOK)に対するサ …

エアコンの室外機を掃除すべきかの4つのチェックポイント

家庭用エアコンの掃除といえば、フィルター清掃やフィルターの奥にある冷却フィンの洗浄など、室内機イメージされる方も多いのではないでしょうか。 室内機というのは、部屋の中にあるエアコンのことですね。室内機 …

ゆうパックのコンビニ受け取りサービス!郵便局窓口でもOKに

日本郵便が2016年4月1日から「インターネット通販購入商品の郵便局窓口受取サービス」というものを開始します。 このサービスは、アマゾンや楽天市場などのインターネット通信販売サイト(通販サイト)で商品 …

CF-S10 天板交換

CF-S10(レッツノート)の天板と液晶パネルの交換に挑戦

パナソニック製のノートパソコンLet’s Note CF-S10 の天板と液晶パネル(液晶ディスプレイ)を交換したときの様子についてまとめたいと思います。 今回交換対象にしたマシンは、20 …

旧千円札(聖徳太子、伊藤博文、夏目漱石)の価値は?買取価格などについて

日本で千円札(千円券)が発行されたのは昭和25年(1950年)で、今から66年ほど前から発行されている歴史のある紙幣になります。 図柄は最初発行されたものから3回変更されており、現在は野口英世が描かれ …

法律の専門職学位(法務博士 J.D.)をもつ管理人が、新しい法律や法律の改正情報、その他気になる話題やDIY情報などの記事を書いています。