法律 自動車・バイク関連

スタッドレスタイヤの夏使用はNG?ノーマルタイヤとの違いは?

投稿日:2016年2月16日 更新日:



冬になると雪が積もる地域では欠かすことの出来ないスタッドレスタイヤ。

雪がなくなり、春になってくるとノーマルタイヤ(夏タイヤ)に履き替えるというのが通常です。

スタッドレスタイヤの溝が少なくなってきたとか、購入して年数が経っている場合、来年また雪道を走らせるのは不安なことってありますよね。

だけど、溝が残っているので廃棄するにはもったいないので、冬以外にスタッドレスタイヤを使って履きつぶしたいと考える方もおられるかもしれません。

スタッドレスタイヤを春、夏、秋と履き続けて車を走らせても大丈夫なのでしょうか?

実はこれ、結構危険なこともあるようなのです。

ということで、この記事ではスタッドレスタイヤを冬以外に使用した場合どうなるのかなどについて説明していきます。

 

Sponsored Links

スタッドレスタイヤとは

お分かりの方も多いとは思いますが、スタッドレスタイヤについて軽く説明します。

スタッドレスタイヤ(studless tire)は、雪道や凍結した道路でも走行できるように作られた冬用タイヤの一種です。

スタッドとは鋲(ビョウ)のことで、スタッドレスタイヤは、現在は使用禁止になっているスパイクタイヤではない鋲が無いタイヤという意味になります。

特徴としては、

  • ゴムが柔らかい
  • 溝が深い
  • 細かい溝がある

 

といったものがあります。

研究を重ねた素材やトレッドパターンを採用することで積雪や凍結した道路でも滑りにくいタイヤになっています。

見分け方

スタッドレスタイヤであるかどうかは、慣れればすぐに見分けることが出来きますが、慣れないうちは区別しにくいかもしれません。

注目する点は、タイヤの接地面です。パッと見て細かな切れ込みのような溝がたくさん入っているとスタッドレスタイヤの可能性大です。

 

以下の画像はスタッドレスタイヤです。

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤとの違い

 

以下の画像はノーマルタイヤです。

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤとの違い2

 

念のため、タイヤのサイドウォール(タイヤの横の部分)に「STUDLESS」といった表示があるか確認します。

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤとの違い2

 

そのような記載がある場合はスタッドレスタイヤです。

STUDLESS」という表示が無く、

  • M+S
  • M&S
  • M.S
  • M/S
  • mud&snow

 

といった表示のみの場合は、雪道走行は可能であるものの、厳密な意味でのスタッドレスタイヤではありません。

それらはオールシーズンタイヤです。MMud(泥やぬかるみ)SSnow(雪)を意味し、ぬかるみや雪道でも一定の性能を発揮するタイヤです。

STUDLESS」という表示に加えて、これら「M+S」などの表示がある場合もあります。

M+S」規格はアメリカのオールシーズンタイヤの規格で、「STUDLESS」と両方表示があれば、両方の規格を満たしているということです。

夏に使用するとどうなる

では、スタッドレスタイヤを冬以外の季節、とりわけ夏のような暑い季節に使用するとどうなるのでしょうか?

夏場には適さない

この点について、以下の動画で「太平タイヤ」さんという会社が、真夏の道路でブレーキテストを行っていて、参考になります。

いかがでしょうか。

ドライ、ウエットともにスタッドレスタイヤのほうが制動距離は長くなっていますね。

特に濡れた路面では、ノーマルタイヤより大幅に制動距離が伸びています。

スタッドレスタイヤは雪の上で滑らないなら、雪のない道路ならもっとグリップが効くんじゃないの?とのイメージがあるかもしれませんが、これは危険な誤解なんですね。

ちなみに動画では気温が7℃以上かそれ未満かどうかが交換の目安と説明されていますね。

 

Sponsored Links

デメリット

夏にスタッドレスタイヤを使用することのデメリットは、以下です。

  • すべりやすい
  • 制動距離が伸びる
  • 磨耗が早い
  • 走行ノイズが大きい
  • 燃費が悪くなる

 

スタッドレスタイヤは冷たい雪の上でも硬くならないような素材で出来ています。

それを高温の真夏の道路で使用すると、より柔らかくなり、いわば消しゴムのようなグニャっとした状態で走ることになります。

ですので、走行性能に悪影響を及ぼします。特にぬれた路面では摩擦が少なくなり、すべりやすくなります。

ということは、スピンやスリップしやすいということで事故につながりますから危険ですね。

トレッドパターンも特殊なため走行ノイズも大きくなります。

また、スタッドレスタイヤはもともと抵抗が大きいため、燃費も悪くなります。およそ1割くらい悪くなるというデータもあるようです。

このように、夏場に使用するとデメリットが大きいことがわかりますね。

違反になる?

それほどのデメリットがあるなら、夏にスタッドレスタイヤを履くことが規制されているのかというと、されていません。

夏にスタッドレスタイヤを履いて走行しても交通違反にはなりません。

スタッドレスタイヤの中には、夏用・冬用でそれぞれ異なるスリップサインを設定していて、オールシーズンで使用することを前提としているものもありますので、夏に履くこと自体は問題ないようです。

溝さえあれば、保安基準を満たしていると判断され、車検にも通ります。

しかし、上で説明したように、ノーマルタイヤに比べて性能が劣る面がありますので、細心の注意が必要です。

さいごに

スタッドレスタイヤを夏に使う場合に問題となる点などについて説明してきました。

いろいろな噂もあるかと思いますが、概ねスタッドレスタイヤを冬以外に履くと、ノーマルタイヤの性能より劣ると感じられるというのが大勢の見方です。

タイヤを履きかえるのは面倒とか、履きつぶしたいので、冬以外でもスタッドレスタイヤを履くといった場合には、以上のことを頭に入れて、無茶はせずに安全運転に努めてくださいね。

<関連記事>

ノーマルタイヤで積雪・凍結道路の走行は違反?事故すると責任加重?

 

 

Sponsored Links

-法律, 自動車・バイク関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NHK受信料ワンセグ携帯で支払い義務?裁判はどうなるのか

家にテレビがなくてもワンセグ機能が付いた携帯電話やスマートフォンを持っていれば、NHKの受信料を支払う義務があるかのでしょうか? このように問われると、自信をもって答えることができる方は少ないかもしれ …

ヘイトスピーチ規制法の内容とは?問題点などわかりやすく説明します

いわゆる「ヘイトスピーチ規制法(対策法)」という法律の案が、2016年5月24日が衆議院を通過し成立しました。 ヘイトスピーチに関しては、以前から法規制が必要であるとの意見が強く、法制化に向けての動き …

随意契約とは?締結できる場合(地方自治体編)

地方自治体(地方公共団体)が民間の事業者と契約を結ぶ場合、競争入札によることが原則になっています。 その理由は、競争入札であれば発注者側の恣意的な判断の余地を少なくすることでき、透明性、客観性、競争性 …

戸籍とは?本籍・国籍・住民票との違いについて

戸籍(こせき)は日本国民であれば誰もが関係のある制度です。 しかし、そうであるにもかかわらず、普段の生活ではあまりなじみがないので漠然としたイメージしかないという方も多いのではないでしょうか。 しかも …

税務署の記帳指導から確定申告(青色申告)までの体験レポート

個人事業主になって初めて確定申告をする場合、きちんとできるのか不安になることがあります。 確定申告の書類はどのようにして作ればいいのか、とても難しそうに感じることのではないでしょうか。そんな心配を和ら …

法律の専門職学位(法務博士 J.D.)をもつ管理人が、新しい法律や興味のある法令、その他気になる話題やDIY情報などの記事を書いています。