その他

ウィラーエクスプレスのコクーンに乗ってみた感想など

投稿日:2017年12月28日 更新日:



この記事ではウィラーエクスプレスのコクーンの乗り心地などについてレポートしたいと思います。

管理人は東京大阪間の移動の際に夜行高速バスに乗ることが度々あるので、いろいろなタイプのバスに乗っています。

今回紹介するのは、ウィラーエクスプレスのコクーンです。前回の記事では同社で一番高額な2列独立シートのエグゼクティブクラスでしたが、今回は料金は少し安いものの、同じく2列独立シートのコクーンです。

こちらのシートは座席を斜めに配置したシェル型という他のバスにはない斬新なシートです。以前から気になっていたコクーンに乗ることができましたので、その様子を紹介します。

 

Sponsored Links

実際に乗ってみた感想などについて

今回乗車したのは東京-大阪間です。

運航路線は

  • 東京・川崎・千葉 ⇔ 大阪・京都・神戸・滋賀・和歌山
  • 東京・横浜・川崎・千葉 ⇔ 名古屋・浜松

があります。料金等の詳細は以下リンク先の公式サイトをご覧ください。

\選べる!全12種類のシートが人気/
高速バス・夜行バスの予約は【ウィラートラベル】

全体の雰囲気

エグゼクティブクラスは二階建てバスだったのに対し、コクーンは1階建てのバスです。標準的な高速バスのタイプです。

両サイドにずらっとコクーン型シートが並んでいて、黒っぽいシェル型ボックスに白色のシートということで、他のバスの雰囲気とは一味違います。全体的に高級感があります。

シートの倒れ具合

公式サイトによると、リクライニング角度は140度です。エグゼクティブクラスはシ142度だったのでほぼ同じくらいです。調整はエグゼクティブクラスと同様、電動でした。

ゆりかごリクライニングなので、背もたれを目いっぱい倒れた状態でさらに全体を上向きにすることができます。

シート幅は47センチです。エグゼクティブクラスの60センチに比べると少し狭まりますが、普通の体格の人には十分です。ひじ掛けを入れると67センチなので窮屈な感じはしません。

シートは斜め向き

これまで乗ったバスとの大きな違いは、シートが斜め前を向いているということです。これまで乗ってきたバスはすべて座席は真正面を向いていました。

斜め前を向いた座席はどんな感じなのか興味がありましたが、乗っていると斜めであることを意識させられたということはほとんどありませんでした。

 

カーテンを開けて窓の外を眺めていれば違ったかもしれませんが、走行中は原則としてカーテンは開けることができませんので、真正面を向いて座っているのと同じような感覚でした。

乗車中、違和感を感じることはほとんどありませんでした。

騒音・振動

走行中の車内の騒音や振動は大型バスでの一般的なレベルだと思います。

後ろのエンジンに近い席だと騒音・振動は少し大きくなると思いますが、今回乗車したのは前から二番目の席でしたので少ないほうだと感じました。

 

Sponsored Links

装備

コクーンの主な装備は以下です。

  • プライベートモニター
  • ヘッドホン
  • コンセント
  • ハンガー
  • 首あて
  • ブランケット
  • 回転式鏡
  • 読書灯
  • 折り畳み式テーブル

プライベートモニターは、テレビ、映画、音楽、オーディオブックなどを楽しむことができます。

コンセントは折り畳み式テーブルの奥にあります。スペースが限られているため、大きめのアダプターを使用する場合は、テーブルを広げてコンセント周辺のスペースを確保する必要があるかもしれません。

回転式鏡もあって、身だしなみチェックに使えます。

足元には小さいながらも靴や手荷物を置いておけるスペースがあり、小さ目のリュック程度なら置くことができます。

シートやシェル周りには隙間が所々あるので、小物類を落とさないように注意が必要です。

サービスエリアでの休憩

サービスエリアでの休憩は4回ありました。

このバスでは快適に寝れる分、停車時に寝過ごしてしまいがちだと思いました。事実私は2回降車しましたが、他の2回の停車時は寝ていて気付いていません。

これまで乗ってきたバスは停車は2回というバスが多かったのですが、このバスでは不思議と4回がちょうどよい回数だと思えました。

停車時には照明が点灯しますが、暗めの照明なのでぐっすり眠っていても不快ではありませんでした。

全体的な感想

完全個室というわけではないのですが、シェル型で1席ずつ区切られているため、他の乗客をほとんど気にせずにくつろぐことができます。

乗降時に通路を通る人からは座席の様子が見えますが、走行中は誰の視線も気にせずに、パーソナルスペースとなります。

また、シートは斜めに配置されているので、後ろの人を全く気にせずにリクライニングできるのもうれしい点です。リクライニングをして後ろの人のスペースに影響があると、どうしても気になってしまいますからね。

エグゼクティブクラスなどの豪華シートと比べるとスペース的には少しタイトですが、中肉中背の体格であれば必要十分で、眠りながら移動して到着した時の疲労感という点では、ほぼ互角であると感じました。

後ろを気にせずにリクライニングできるということと、リクライニング角度が個人的に快適に感じられた点が大きかったと思います。リクライニング角度の好みは個人差はあると思いますが、快適な角度に倒すことができたと思います。

数字で表すと…

個人的な感覚で数値化すると、4列シートの格安高速夜行バスで東京大阪間を乗った場合の疲労感を10とすると、コクーンは3~3.5くらいです。

リクライニング角度がほぼ同じであったことも大きいと思いますが、エグゼクティブクラスと同程度に感じました。

コクーンはエグゼクティブクラスよりも料金は安い設定になっていると思いますが、装備や快適性を考えると非常にリーズナブルであると思います。

平均的な日本人の体格であれば、シートの大きさや全体的なスペースなど考えると、十分にくつろげる空間です。

エグゼクティブクラスよりもより気軽に乗れてしかも快適に過ごせるということで、お得感はかなりあります。エグゼクティブクラスよりも座席数はたくさんありますので、予約も取りやすいので、ビジネス利用でリピートするのにも適していると思います。

さいごに

今回乗ったコクーンは、座席が斜めに向いているために後ろの人を気にせずにリクライニングできることや、シェル型のため走行中は個室感覚で過ごせることなどから、以前から興味をもっていました。

実際乗ってみると期待通で満足できるものでしたし、料金設定もバランスの取れたものであると思います。

リピート利用もおすすめできる座席ですので、機会があればぜひ利用してみてください。

<関連記事>

ウィラーエクスプレスのエグゼクティブクラス|夜行高速バスの乗り心地

 

 

Sponsored Links

-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京大阪間の格安な移動手段(新幹線、飛行機、高速バス)の選び方

東京と大阪という二大都市を結ぶ交通機関の需要は非常に人気があります。 ビジネスマンが仕事で東京大阪間を移動する場合は、新幹線を使うのが一般的です。その理由は、便利で早く移動できるからです。 しかし、新 …

虫歯にならない歯磨きの仕方!歯医者さんに百点といわれた方法とは?

普段、何気なく行っているハミガキ。 きちんと磨いたつもりでも、結構磨き残しがあったりするものです。 磨き残しが原因で虫歯になったりすることはよくあることですが、管理人は15年以上虫歯知らずなんです。 …

道の駅羽曳野しらとりの郷!食べて遊べる複合施設

一般道を走っていてちょっと休憩したい、というときにあると便利な「道の駅」。 高速道路のサービスエリアのような感覚で気軽に立ち寄れて、トイレ休憩のついでに地元産の農産物や民芸品、お食事などができれば最高 …

女性活躍推進法の概要と事業主がすべきこととは?

2015年8月に女性活躍推進法案(女性の職業生活における活躍の推進に関する法律案)が可決し、成立しました。 この法律は平成28年4月1日から完全に施行されますが、平成38年3月31日限りでその効力を失 …

CF-S10 天板交換

CF-S10(レッツノート)の天板と液晶パネルの交換に挑戦

パナソニック製のノートパソコンLet’s Note CF-S10 の天板と液晶パネル(液晶ディスプレイ)を交換したときの様子についてまとめたいと思います。 今回交換対象にしたマシンは、20 …

法律の専門職学位(法務博士 J.D.)をもつ管理人が、新しい法律や興味のある法令、その他気になる話題やDIY情報などの記事を書いています。